ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

よるくま クリスマスのまえのよる」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

よるくま クリスマスのまえのよる 作:酒井 駒子
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2000年10月
ISBN:9784592760894
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,572
みんなの声 総数 135
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • よるくまと一緒にクリスマス

    このお話は、男の子がクリスマスの日の前の日によるクマと一緒に過ごしているのを描いたお話でした。二人は男の子がよるくまにあげたクリスマス飾りの飛行機に乗ってクリスマスの夜を散歩している様子がうちの子には、「いいな〜!」なんてちょっとうらやましい感じがしたみたいです。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しくかわいい絵

    酒井駒子さんらしく優しくかわいい絵だなあと思いました。

    よるくまの登場の時がまたかわいいですね。

    クリスマスのお話ですが、お休み前の一冊としてもよさそうです。

    よるくまファンなら読みたくなる本ではないでしょうか。

    夜間飛行が幻想的でした。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • よるくまと一緒なら・・

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    可愛らしいよるくまとぼくのお話。
    今回はクリスマスの晩のお話です。

    悪い子のところにはサンタさんが来てくれないかも、と心配で眠れないぼくのところに、またよるクマがやってきました。

    どうやら、「ぼく」が寂しかったり不安だったりすると、よるくまがやってくるのかも・・・。
    一人では向き合えない夜の暗さもお母さんがいない不安も、そしてサンタさんへの心配も・・よるクマと一緒なら怖くなくなるんでしょう。

    温かく優しい素敵な絵本です。
    もちろんクリスマス時期に特にお薦めですが、それ以外の季節でも寝る前に読んであげるにはぴったりの絵本だと思います。

    掲載日:2008/09/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「よるくま クリスマスのまえのよる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / まどから おくりもの / おばけのケーキ屋さん / よるくま / チリとチリリ / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット