もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

かっぱのすもう」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

かっぱのすもう 作:小沢正
絵:太田 大八
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年
ISBN:9784774605678
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,271
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • え、それだけ?

    題名の通り、おじいさんとかっぱが相撲を取る話です。

    つまるところ、ちょっとした知恵でかっぱの頭の水をこぼすことに成功したおじいさんが勝つのですが・・・。え、それだけ?っという驚きがある一方で、やっぱりなんだか爽快でもあります。

    そう、現実の世の中では、そのちょっとの知恵がなかなか湧いてこないものだからかもしれません。

    掲載日:2011/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • けったい!

    ストーリーも絵も味がありますね。これぞ民話って感じ。特に味があるのが、相撲に引き込まれるおじいさんの悲哀と、その後のお辞儀をして水をこぼしてしまう河童の間抜けぶり。判を押したように繰り返すので笑ってしまいました。最後は、悪さをしなくなったということで子供も一安心してました。
    めでたしめでたし、って言葉が似合う絵本です。

    掲載日:2009/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子が雄叫び

    遠い昔に聞いた事あるような…でもどんな結末だったっけ…というかストーリーすら思い出せない…むむむ〜どうしても気になって図書館で借りてきました。
    そしたら面白い!相撲が好きな息子も熱心に見てたし、「じゃばじゃばじゃばー」とカッパのお皿から水がこぼれる場面では「きゃあああ」なんて嬌声をあげていました。図書館で恥ずかしい声…
    力が入り過ぎたおじいさん、いつの間にやら声を張り上げて応援してしまうトコや、出てくるカッパが次々お辞儀をして皿から水をこぼすトコ、ドリフの予定調和的コントみたいで、私は好きです。

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かっぱのすもう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ななちゃんのおかたづけ』書店員さんに話を聞きました

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット