もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

やさいのせなか」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

やさいのせなか 作・絵:きうち かつ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784834021097
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,312
みんなの声 総数 45
「やさいのせなか」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • イマジネーション

    子供の想像力をかき立ててくれる一冊でした!!大人の私もなかなかどんな野菜か果物かが分かりませんでした・・・。意外に子供の方があたってたりすることが多かったので子供は得意げでした!!すごい発想力を発揮してくれるので楽しかったです。

    掲載日:2012/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • かんたん…じゃぁないっ!!

    娘が図書館で持ってきました。

    あぁ、よくある大人には簡単なシルエット本だな…と、
    中を開くと……なんじゃこりゃあ〜!?

    娘「これは?」
    私「えっと…」
    娘「これは?」
    私「えっとぉ…(汗)」

    殆ど答えられませんでした。
    「これはわかった!」と張り切って答えたものまで
    間違ってました(トホホ…)

    野菜の上に紙をのせ、クレヨンでこする「こすり絵」の
    絵本です。
    難易度は高めですが、わからなさ具合が面白いです☆
    野菜の手触りが伝わる絵本です。

    掲載日:2011/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • モノのみかた

    • やっほさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子3歳

     モノの見方はひとつじゃないんだな、そんなことを感じながら小さい子どもと一緒にページをめくれる絵本です。

     最初にモノトーンのやさい。これなんだ?たいていわからずじまい。次にカラーで。なんとなくわかったような、わからないような。最後にこたえ。

     食育なんて難しいこと考えずに、この絵本で楽しんでみると、子どもは野菜の名前がスーとわかるみたい。八百屋さんで「これは、ごぼう!」なんて口にすることもあります。素敵な発想の絵本です。

    掲載日:2009/05/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「やさいのせなか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット