ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

いたずらでんしゃ 改訂新版」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

いたずらでんしゃ 改訂新版 作・絵:ハーディー・グラマトキー
訳:渡辺 茂男
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784052022104
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
「いたずらでんしゃ 改訂新版」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 空想もほどほどに?!

    のりものどうわシリーズの1冊です。
    主人公は、小さな路面電車のスパーキー。空想好きで、いつも周りのものをみては空想にふけってしまい、問題を起こしてしまいます。
    ある日、スパーキーが空想に夢中になっているうちに停留所を通り過ぎてしまったので、市長さんはカンカンに怒り、スパーキーを《立ち食い食堂》にしてしまうと言い出します・・・。

    空想が好きなスパーキーみたいな男の子、いますよね。
    こういう気持ちってとても大切だと思うんですけど、度が過ぎるのはやっぱり問題・・。
    スパーキーは、いったいどうなるのか??
    市長さんとの確執は??
    テンポのよい話の展開なので、ちょっと長い文章ですが一気に読めてしまいます。

    幼年童話のカテゴリに入る本ですが、挿絵も多いので、絵本に近い感じで読めると思います。
    乗り物が好きなお子様ならきっと、はまると思いますよ♪

    掲載日:2008/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いたずらでんしゃ 改訂新版」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / くだもの / おおきなかぶ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット