もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

あな」 大人が読んだ みんなの声

あな 作:片山 令子
絵:片山健
出版社:ビリケン出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年05月
ISBN:9784939029356
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,105
みんなの声 総数 6
「あな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 虚無感→元気!になります♪

    片山健氏の絵で
    りりしいまゆ毛のうさぎさんが
    かっこうよく穴を掘っています

    何か、作業?
    ではないんです
    びっくりなことに
    「虚無感」?
    淋しいとか
    悲しいとか
    ではないのです

    こ、こ、これは・・・
    大人向けなのかしら?
    と、思ってしまいました

    こどもでも、こんな気持ちわかるのかな?

    大人は、よ〜くわかります(^^ゞ

    でも、やることなすことが
    おかしい!!
    虚無感もどこへやら

    笑えます
    なんでもないことをすることで
    こんなに前向きになるし
    いいことも待ってる!!

    何もしないで ぼ〜っとしてるより
    何かすると
    何か感じて
    何かしたくなって
    何かが起こるんだね!!

    とっても、元気になる絵本でした
    シリーズもののようです
    他のも読まないと!!

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 掘り下げる

    なんにもする気が起きない時。それは、逆に、自ら何かを起こすチャンス。穴があいたような気持ち、空虚な気持ち。その気持ちを大切にすることが、新しい局面を切り開くのだということに、気づかせてくれる絵本です。
    この本の主人公のうさぎさんは、自分の中にわきあがる無気力な思いを空っぽのコップに例え、バケツに例えます。そして庭に穴を掘って、自ら穴に入り込んでみて思いを確認し、その静かな感じを楽しみ、穴の底から見る空に新鮮な感動を見つけます。深読みすると、まるで仏教思想の「空(くう)」の世界のようでもあります。
    その穴を誰かと共有すべく、いろいろ試みるわけですが、「穴」は思いのままにはなりません。でも、うさぎさんにとっても、他者にとっても「無意味」ではないのです。
    片山令子さんの、こういう発想の作品が大好きです。片山健さんが、その発想を、静かにユニークに華やかに彩っています。

    掲載日:2008/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / つみき / ペレのあたらしいふく / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめまして

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット