だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ちゃいろおばさんのたんじょうび」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちゃいろおばさんのたんじょうび 作・絵:エルサ・ベスコフ
訳:ひしき あきらこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年2月20日
ISBN:9784834017571
評価スコア 4.75
評価ランキング 732
みんなの声 総数 7
「ちゃいろおばさんのたんじょうび」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最高の隣人、あおおじさん

     みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさん、それぞれがチャーミングで、あおおじさんも一見気難しそうなのに、実はユーモアがあって、とっても愉快! 
    このシリーズを読むのは、これで3冊目ですが、あおおじさんのキャラクターが1番よく表れているのは、この作品だと思います。

    ちゃいろおばさんは、題名の上では、今回の主役ということになっていますが、実際の出番は少なく、誕生日までの周りの様子がメインに描かれています。

     ペッテルとロッタも、こんなすてきなおばさんたちと家族になれて(そして、あおおじさんという最高の隣人にも恵まれ)、本当にしあわせですね。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちゃいろおばさんのたんじょうび」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット