だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おなかすいたね、ペネロペ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

おなかすいたね、ペネロペ 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:ひがし かずこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年02月
ISBN:9784265071548
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,840
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ペネロペの魅力に引き込まれます

    元気でおちゃめなコアラの女の子。
    こどもらしい発想と行動が、とても愛くるしいです。

    おじいちゃんの牧場でお手伝い。
    ペネロペがどうぶつたちに餌をやります。
    みんなそれぞれ何が好きなのか、おじいちゃんに教えてもらったけど、
    ペネロペは忘れちゃいます。

    間違ってもがんばって最後まで物事をやり遂げようとする、ペネロペ。
    思わず応援したくなります。

    わが子とも「この動物は、何が好きなのかなぁ?」なんて考えながら読みました。
    でも2歳児、動物の好物まではまだまだ難しいですね。

    掲載日:2010/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのしました

    ペネロペシリーズが大好きです。
    絵も油絵タッチでかわいらしく、お話の内容も子供が共感できるものだったので、何度も読んでと言われます。
    ペネロペが色々と考えている所もほのぼのとした気持ちにさせられます。
    他のペネロペのお話も是非読んでみたいと思える絵本です。

    掲載日:2009/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • お手伝いえらいね

    ペネロペのお話はどれもほのぼのしていいですね。
    今回はペネロペが動物達にえさをあげるのですが、
    何をあげるんだっけ?と一生懸命考えながらあげていきます。
    娘も内容を覚えてしまったらしく、
    猫のぬいぐるみを前に「ねこちゃんは魚を食べるの」なんて言っていました。
    お手伝いを終えて昼寝をするペネロペの可愛いこと。
    失敗しながら成長するペネロペは私のお気に入りです。

    掲載日:2009/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おなかすいたね、ペネロペ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(51人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット