十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おなかすいたね、ペネロペ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

おなかすいたね、ペネロペ 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:ひがし かずこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年02月
ISBN:9784265071548
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,839
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • えらいなペネロペ!

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、女の子3歳

    くいしんぼう=ペネロペの図式で覚えているので
    たくさん食べる絵本なのかなと思ったら。
    まきばのエサやりのお手伝いだって、えらいんだー。

    毎回わざとかも?のようにエサを間違えてしまうペネロペ。
    最後はチョコレートパンもあって、
    豊かなお昼寝でステキだな♪
    ペネロペ節に親子でやられてしまうこの頃です。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい内容!

    ペネロペ大好きな3歳の娘に読んでみました。

    今回のお話は,ペネロペがおじいちゃんの牧場で動物達にえさをあげるお手伝いをしていきます。
    どの動物にどのえさをあげるのかな?と,なぞなぞ形式になっていて,娘も考えながら答えながら読み進め楽しかったようです。
    相変わらず,ペネロペのうっかりぶり満載でした!

    この動物はこの食べ物が好物!という内容を絵本で楽しみながら覚えていけるので,とてもよいと思いました!
    牧場でたくさんの動物にえさやり,心惹かれる内容で親子で楽しめました。
    おすすめです!!

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペネロペちゃんのアニメが好きな娘は最初から気に入った1冊。
    ペネロペちゃんがおじいちゃんの農場の動物たちにえさをやるのですが、どの動物がどのえさを食べるのかわからなくなってしまいます。
    かも、かめなど、ちょっと難しいものもあって、娘は最初間違ってばかりでした。でも、すぐ覚えて動物園で、「かめさんレタス食べるんだよね」なんていうようになりました。

    ちょっと油絵みたいな感じの絵が最初、娘にはどうだろうと思ったのですが、彼女的にはぜんぜん違和感がなかったようです。小さい頃からこういう絵になれておくのもいいと思います。

    最後にペネロペちゃんがチョコレートぱんを見つけるところで、小さい頃は「私もチョコレートパン」が食べたい!と言ってましたが、最近言わなくなりました。現実はそう甘くないと悟ったかな。

    掲載日:2014/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもとの掛け合いも楽しそう

    色々な動物に餌を運ぶペネロペ。
    まず、持っている餌の種類を提示した上で、ひとつひとつの動物にあげる餌を考えます。「えーっと、ネコさんが好きな物は何だっけ?」ってな具合。ペネロペはいつも間違えちゃうんですけどね。
    この「なんだっけ?」のとこで、子どもから「さかなー!」とか答えを期待したいわけですが。
    うちの3歳の息子は無言で聞いておりました(笑)
    でも、何回も読み聞かせてたら「ペネロペ違うよー!」とかいろいろ子どもから反応がありそうな絵本です。
    何度も同じ質問で繰り返すので、覚えやすいし、リズムもいいので子どもも安心して聞ける絵本ではないでしょうか。

    掲載日:2013/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物の食べ物

    おじいちゃんのお手伝いをしようと、ペネロペは張り切っていましたね。
    でも、やっぱり、うっかりやさん。
    この、完璧じゃない行動に、子供が共感するのかな。
    ペネロペのおかげで、動物の好きな食べ物が、クイズっぽく勉強できたと思います。

    掲載日:2013/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物サンに優しくなれる

    ペネロペが色々な動物サンに餌をあげるお話。
    この動物サンはこの餌を食べるんだと教えてあげる事が出来ます。
    息子は「にんじん!」「とうもろこし!」などペネロペが何をあげればイイのか自分に問いかける度答えていました。
    動物サンに優しくなれる作品です。

    掲載日:2011/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 突っ込みまくり^^

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ペネロペは相変わらずうっかり屋さんで、
    動物達へのとんちんかんな配膳が愉快なお話です。
    娘は「違うよー!」と笑いながら突っ込んでおりました(笑)。

    ペネロペシリーズは、
    正解を知らない年齢の子は混乱してしまうかもしれませんが、
    正解をちゃんと分かっている年頃だと、突っ込み所満載で愉快なようです^^

    このお話は、テレビアニメで先に見たことがあったのですが、
    同じお話でも、絵本で触れると何だかよりほのぼのと感じます^^

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頑張り屋さんがカワイイ

    ペネロペが一生懸命動物にエサをあげようと奮闘する姿が、とてもいとおしい。子供も「犬さんはこのエサじゃないよねー」と言ったりして、ペネロペのお兄さん気分になってました。かわいかったです。

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペネロペがコアラって知ってた??

    ペネロペがおじいちゃんの代わりに飼っている動物にえさをやります。どの動物がどれを食べるか、ペネロペったら間違ってばかり。どれをあげるか子供に当てさせていますが、ついついペネロペの手に持っている間違った食べ物を言ってしまいます。うちの子が当たったのはうさぎは人参てとこくらい。最後はペネロペのおやつまであり、一仕事終えてペネロペがおじいちゃんと休むところがほのぼのしています。

    楽しく読ませることができました。

    掲載日:2011/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • クイズのように楽しめます。

    シリーズの中でもお気に入りの一冊。
    クイズのように楽しめる内容です。

    動物達に餌をやるお手伝いをするペネロペ。
    ネコ・ニワトリ・イヌ・ウサギ・カモ・亀・ブタ。
    それぞれ何の餌が好きなのかを考えながら餌やりをします。
    何度も間違えるペネロペだけれど、一生懸命お手伝いする様子がとても微笑ましい内容です。

    始めはペネロペと一緒に餌やりを迷っていた息子でしたが、何度も読むうちに覚えたようです。
    「ネコさんには、魚!」
    と得意げに答え、また答えたくて何度も読まされています。(*^_^*)

    2歳〜4歳頃にオススメします。

    掲載日:2011/03/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おなかすいたね、ペネロペ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(51人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット