モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

ながれぼし きらり」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ながれぼし きらり 作・絵:*すまいるママ*
出版社:ヴィレッジブックス
本体価格:\1,000+税
発行日:2004年
ISBN:9784863324350
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,128
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 怪物!?

    チクチクさんの絵本、三冊目です。

    仕立て屋のチクチクの絵本はホントにかわいいんです。

    絵ではなく、フェルトや布でできています。

    それだけでもすごいいんですが、お話もかわいい。

    怪物と言われていたのは、実はとっても怖がりな恐竜の子ども。

    そこからのお話がとってもいいです。

    掲載日:2012/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵

    • EMRHさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    ステッチがとても素敵な絵本です。
    小さな体に大きな勇気!小さくてもできることがたくさんあるということにきづかせてくれる絵本です。
    流れ星が主人公で思いやりあふれる絵本です。

    掲載日:2011/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは評価が難しかった・・・

    手芸作品の絵の素晴らしさは何も否定することはありませんが、
    ストーリーは賛否が分かれるところではないかと思いました。

    一旦は究極の自己犠牲が描かれていますが、みんなで1ページ程祈るだけであっさり完全復活を遂げてしまうところ・・・違和感を感じました。

    例えば完全復活ではなく、数年後?数十年数百年後?に復活するかも?みたいな見せ方とか、全く同じ星ではなく、別のもっと抽象的な物に生まれ変わるとか、・・・・なにがベストかは分かりませんが、そうすればもっと命の重みや、行いの尊さがストーリーの中で生きたかな、などと感じました。

    そして、子猿!!
    絶望ゆえの叫びなのは理解出来ますが、歯をむき出し拳を振り上げたイラストの雰囲気からすると、助けてくれなかったから即座に悪態をついたようにしか見えないんですね。

    もうちょっとこの子猿が絶望の表情で叫んでいたら同情出来たんですが、きらりが力及ばずして助けられなかった事に対して、助けてもらえなければ悪態をつくという姿勢に、人間の(猿ですが)心の弱さゆえの醜さなどを象徴している気がして、綺麗なイラストと美しいストーリーの中に不快な棘のようにひっかかりました。作者は意図的にそのように表現したのかもしれませんが。なんというか、イラストの世界観とアンバランスに感じたんです。

    幼児ならそんなところに違和感を感じることなく純粋に世界観を楽しめるかもしれません。

    ストーリーは星二つで、イラストは星4つというところでした。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「きらり」ってすごいです

    みんなの想いを小さな肩に背負い、助けてあげたいのに
    自分ではどうする事も出来ず、「きらり」はきっと
    とても困っただろうと思います。でもいっぱい考えて
    自分のできる事を思いつき、実行しました。
    「きらり」の深い愛と、勇気に感動しました。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰よりも輝いているよ!

    みんなの願いを聞いてくれる「流れ星」。
    でも「きらり」は、みんなの願いを叶えるには、
    あまりにも小さすぎる・・・。
    そんなきらりだけど、自分のありったけの力をかけて、
    みんなの救世主に☆

    小さいけど、どんな星より輝いて見えるきらり。
    きらりの一生懸命さ、優しさがすごく伝わってきます。
    やさしくて、ちょっぴり切ない、そんなお話です。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • インテリアにも素敵

    このまま、お部屋に飾っておきたいくらい可愛らしい絵本です。
    自分でも、布絵本を作ってみたくなります。

    他人のために全力を尽くすということ。
    多くの友人たちと力を合わせて何かをするということ。
    祈りは通じるということ。

    とても大切なことを教えてくれる本です。

    息子はこの本を読んだその夜、空を見上げて
    「きらり、いるかなあ」
    と、探していました。

    ただ、私は、やんちゃな登場人物が大暴れするような絵本が好きなので、道徳的な香りのするこの本は、ちょっと苦手かな。
    少し辛口の評価でごめんなさい。あくまでも、私の趣味の範囲での評価です。

    掲載日:2009/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰かの為に頑張る

    • ゆぺちさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    私の大好きなすまいるママさんの絵本。書いた絵ではなく、フェルトやビーズを使って絵を作っているところにまず感激。その絵の美しさや可愛さは子供も喜びます。
    お話はながれぼしのきらりが動物のみんなを救うというもの。小さいきらりは沢山の動物をひとりでは救えない><どうすればいいのか?みんなを救ったきらりは力尽きてしまいますが、最後は動物達の願いで元気になります。
    誰かの為に頑張る事や、優しさは繰り返されるという事を教えてくれる絵本です。

    掲載日:2009/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ながれぼし きらり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット