あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

あたごの浦 讃岐のおはなし」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

あたごの浦 讃岐のおはなし 再話:脇 和子
絵:大道あや
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1993年
ISBN:9784834011944
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,880
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 印象深い絵本

    海岸で魚たちの学芸会が始まったところで、釣り好きの息子は、「たも持って行ったら、たくさん捕まえられそう」と大はしゃぎで目を輝かせていました。

    そういうお話ではないんですけどね。

    たこがなすを食べる場面にも「食べるの?」と驚いていました。

    絵の色遣いが和風な感じだからでしょうか、味わいもありますし、落ち着きます。

    「妙々々々…」というはやしたての繰り返しがとても耳に残りました。

    これは声に出してこそわかる響きだと思います。

    方言も優しい響きがあり、絵とあいまって、印象深い絵本でした。

    掲載日:2009/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • つかまえてみたいとおもいました。

    ぼくは、魚つりがしてみたいです。

    魚たちが、うみで、おどっていたので、たもをもっていって、つかまえてみたいとおもいました。

    たくさんとれそうでいいなあとおもいました。

    「みょうみょう…」ってはやしたてるのが、おもしろいとおもいました。

    きいていると、ねこのなきごえみたいとおもいました。

    何回もくりかえしているのも、たのしそうだとおもいました。

    たこが、なすをたべているのに、びっくりしました。

    ほんとうに、たべるのかなあっておもいました。

    掲載日:2009/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魚達の演芸会

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    讃岐のおはなし、とあります。
    表紙からひなびた印象です。
    でも、文章が始まると、夜の砂浜、一気にその世界へ誘ってくれます。
    そこへ、おたこ登場。
    いいですか、おたこ。
    そうこうしている内に、鯛登場。
    挙句に、魚達を呼び集めて演芸会とあいなるのです。
    そう、演芸会、ということで、かくし芸へと座は盛り上がり・・・。
    実に渋い展開です。
    でも、これぞ日本の味わいです。
    ちょっと難しいですが、是非音読で独特の語り口を堪能ください。
    「妙々々々々々(みょうみょうみょうみょうみょうみょう)」
    今晩夢に出てきそうです。

    掲載日:2008/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あたごの浦 讃岐のおはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / じゃあじゃあびりびり / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット