ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

メアリー・スミス」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

メアリー・スミス 作・絵:アンドレア・ユーレン
訳:千葉 茂樹
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年07月
ISBN:9784895726405
評価スコア 4.74
評価ランキング 841
みんなの声 総数 33
「メアリー・スミス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • そうかあ!!

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    今でこそ、目覚まし時計を信じて眠り、起きて仕事ができる世の中です。でも言われてみれば、そんな風に目覚まし時計を普通に手に入れることが出来なかった着なかった時代があるのですよね。
    そんなときに活躍したのが、メアリースミスのような「ノッカーアップ〜目覚まし屋」。
    メアリーはなんとゴムチューブに豆を入れて飛ばし、窓をたたきます。
    この起こし方素敵ですよね。
    メアリーが仕事を終えて帰宅すると、娘が寝ていたのには驚きましたが、友達を起こそうとしてあげて失敗して帰されたと聞いて納得。
    さあこれからまめ飛ばしのお稽古です。

    掲載日:2016/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も勉強になりました!

    お豆を吹き矢のように窓にたたきつけて人々を起こす
    メアリースミスのお話です。

    めざまし時計がない時代は、
    こうやって人を起こすのがお仕事の人もいたんだね〜
    と 息子と言いながら読みました。

    私も知らなかったので勉強になりました。
    巻末に、メアリースミスのお仕事についての、
    大人向けの解説もついていますよ。

    顔とかにあたると結構痛そう・・・

    息子が朝なかなか起きない時に、
    メアリースミスみたいにお豆ふいちゃうぞー!と言うと、

    おまめやだよう! 

    と言って、すぐに起きるようになりました。

    掲載日:2010/07/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「メアリー・スミス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / くれよんのくろくん / 3びきのかわいいオオカミ / パパ、お月さまとって! / 100万回生きたねこ / ハンダのびっくりプレゼント / バナナじけん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット