だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

メアリー・スミス」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

メアリー・スミス 作・絵:アンドレア・ユーレン
訳:千葉 茂樹
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年07月
ISBN:9784895726405
評価スコア 4.74
評価ランキング 840
みんなの声 総数 33
「メアリー・スミス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • メアリースミス伝記!?

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    近所に朝6時30分から開いているパン屋さんがあります。
    早起きの職業の人ってとても大変だと思います。
    この絵本のメアリースミスさんは
    町一番の早起きで「ノッカー・アップ」という仕事をしています。
    つまり目覚まし代わりにみんなを起こして回る仕事です。
    その方法がとてもユニークでストローのようなチューブに
    硬い豆を詰めて吹き矢のように飛ばすのです。
    豆が窓に当たったパチンという音が目覚ましの音です。

    この絵本は長女が大好きな絵本です。
    最初は図書館で借りて次は書店で立ち読みして
    また今回図書館で借りてきました。
    そろそろ買ってあげたいと思っています。
    今日読む前に娘はこんなことを言いました。
    「メアリースミスはヘレンケラーと同じように有名な人?」
    正直、困りました。そこまでの偉人ではないけど実在はしていました。
    ベストかどうかはわかりませんが私はこう答えました。
    「二人ともみんなの役に立つ立派なお仕事をした人ね。」

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ノッカー・アップ?

    ずっと気になっていた本で、今日やっと読めました。
    まだ時計がなかった時代のお話で、パン屋さんや、車掌さん、お魚屋さんなど、朝早く起きないといけない人たちをメアリー・スミスが一人ずつ、乾いた豆を飛ばして、起こして回るお話です。
    なるほど〜とかへぇ〜の繰り返しでした。
    私が読む前に、8歳の長男が自分で読んでいたので、
    「どうやった?おもしろかった?」と聞くと、
    「う〜ん、ふつうかな」といまいちな反応。
    私もそうなのかとがっかりしていましたが、読んでみると、
    とってもおもしろくて、私は大好きな絵本になりました。
    読み聞かせのほうがきっといいんではないでしょうか?

    掲載日:2011/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶妙な起こし方

    私が訳者の千葉茂樹さんに注目しているので、選びました。

    ストロー風のチューブに、豆をつめてみんなを起こすメアリー・スミス。

    それを見た息子「目覚まし時計がなかった時代のお話?」と。
    その通りみたいです。

    眠っている人の窓をねらって当てる。その人が起きるまでぶつける。というのが絶妙だと思いました。

    目覚まし時計をかけてもおきられない人は、こんな人に起こしてもらいたいのでは?

    こんな職業があったとは驚きました。

    掲載日:2008/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「メアリー・スミス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / くれよんのくろくん / 3びきのかわいいオオカミ / パパ、お月さまとって! / 100万回生きたねこ / ハンダのびっくりプレゼント / バナナじけん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット