うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

メアリー・スミス」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

メアリー・スミス 作・絵:アンドレア・ユーレン
訳:千葉 茂樹
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年07月
ISBN:9784895726405
評価スコア 4.75
評価ランキング 687
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんな仕事があったのか

    タイトルページと裏表紙に掲載されたメアリー・スミスさん本人の写真は1927年。
    そんな時代にノッカーアップ(目覚し屋)という仕事があったのですね。
    チューブに入れた固い豆を依頼者の窓まで吹き飛ばして、人を起して歩く商売。
    難しそうなので、かなりの熟練度を必要とする職業だと思います。
    のどかな時代だったと思うとともに、いかにその後の発展がすごいのかを実感します。
    子どもは親を見て育つ。
    教室で親の真似をしたら、先生の窓に当ててしって大目玉を食った娘。
    メアリーの娘に対する特訓がとても印象に残りました。

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時間とともに明けていく様子が美しい

     私の年代の方々はご記憶もあろうかと思いますが、かつて目覚まし時計は、バネのねじを巻いてセットしていましたよね。

     さて、タイトルにもなっているメアリー・スミス(ロンドンに実在)さんが主人公。彼女の仕事は、ノッカー・アップ(目覚まし屋)。

     目覚まし時計がまだ普及していなかった、1920年代?のお話です。
     彼女の起こし方は、細いチューブに、しわしわでかちかちの豆を詰め、頼まれたお客の家の窓に吹き付け当てます。

     起こされた人は、起きた合図に必ず窓から顔を出さなければなりません。
     星がまだ残る暗い時間に家を出て、一軒一軒足早に起こしにまわる。

     
     豊かではない時代の労働者たちのたくましさが、太い輪郭の絵から伝わってきます。

     メアリーが次のお客の家へ、次のお客の家へと移動するごと各ページの背景が時間とともに明けていく様子が美しく描かれています。
     
     タイトルの文字にも、メアリーの仕事が、まさしく時間をあらそう忙しいものであることを伝えていて、オシャレだなと思いました。

     
     メアリーさんは、毎日毎日、一日の一番素敵な美しい時間を眺めていたんでしょうね。

     息子は、“朝早く起きなければならない仕事”に就いている人がいることに、あらためて気づいたようです。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「目覚まし屋さん」に驚きです

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    今の様に正確な目覚まし時計がない時代。
    頼まれた時刻に、窓を叩いて起こして回る「目覚まし屋さん」という職業がありました。
    この絵本は そんな目覚まし屋さんのひとり メアリー・スミスという実在の人物のお話です。

    そんな職業があったなんて!この絵本で初めて知りました。
    そうですよねぇ・・。朝早ーく起きなければならなくて、絶対に寝坊出来ない人たちは、どうやっって起きてたのか・・・確かによく考えると謎です。
    そうか・・、目覚まし屋さんに起こしてもらっていたんですねぇ。
    ・・日本にも似たような職業があったのかしら???

    今度 小学中学年の読み聞かせで使用しようと考えています。
    きっと「へぇ〜!!」とびっくりしてくれることでしょう。

    掲載日:2008/06/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「メアリー・スミス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / くれよんのくろくん / 3びきのかわいいオオカミ / パパ、お月さまとって! / 100万回生きたねこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット