貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ルピナスさん」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ルピナスさん 作・絵:バーバラ・クーニー
訳:掛川 恭子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1987年
ISBN:9784593502097
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,145
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 世界に一つだけの花

    このおはなしを読んで、
    歌の「世界に一つだけの花」が浮かんできました。

    ルピナスさんは、決して特別な人ではないし、
    難しいことをやってのけた訳でもありません。
    むしろ、誰にでもできそうなこと。

    花の名前の愛称で呼ばれたルピナスさん。
    彼女の生き方はまさに「世界に一つだけの花」。
    そして、村中にさいたルピナスの花は、
    「世界に一つだけの花」のちからの集結。

    「世の中を もっと美しくするために 何かをすること」
    ひとりひとりが少しずつでも、「何か」をしていけば
    素敵だなと感じました。

    そしてこの本、全ページ、ルピナスの色で彩られています。
    まるで、ルピナスの花の一生のように。
    ルピナスの花の精が見せてくれたお話なのかも知れませんね。

    掲載日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 生き方を学べます

    • マイッカさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子6歳、女の子5歳

    話が子供には難しいかなと思ったけど、5歳の娘はルピナスさん読んでほしい!と何度も持ってきます。
    絵が美しいこともあるのか、5歳にして女性としての共感を得ているのか。。
    この本を読んでて、あぁ私もこうでありたい…と、ジーンと心に響きました。

    今からでも遅くないかな、、少しでも私もルピナスさんに近づきたいと思います。

    とりあえず、明日にでも子供達と庭にルピナスの種を蒔きます。

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ルピナスさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / 100万回生きたねこ / エミリー / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『きょうふのおばけにんじん』<br>中川ひろたかさんインタビュー

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット