だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ととけっこう よがあけた」 0歳のお子さんに読んだ みんなの声

ととけっこう よがあけた 絵:ましま せつこ
案:こばやし えみこ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784772101776
評価スコア 4.57
評価ランキング 3,991
みんなの声 総数 48
「ととけっこう よがあけた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

0歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 前のページでは寝ていた動物が

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    次のページでは伸びをして元気に起きています。動物の鳴き真似をしながら読んであげると喜んでいました。この本で動物の鳴き声を覚える事が出来たかな。最後に出て来た動物たちと男の子、皆が輪になっておはようと言っているさまはとても楽しそうでいいですね。

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本デビュー

    4ヶ月の息子に初めて読んだ絵本です。
    読み始めるとすぐに足をバタバタさせて喜ぶのでこちらもうれしくなりました。
    それから時々読んであげていますが、絵を触りながら毎回喜びます。
    懐かしい雰囲気の絵で、こちらもほんわか優しい気持ちになります。

    掲載日:2012/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 凄く良い!

    本屋のおばあさんにオススメを聞いたところ、『赤ちゃんはお腹のなかでお母さんの心臓の音のリズムをずっと聞いているでしょう。だから、お母さんが歌うように読める本が良い』という事で、このわらべうた絵本を購入しました。
    わらべうた絵本は初めて購入しましたが、最後に譜面が付いているので、すぐに歌いながら読む事が出来ました。
    娘は歌を聞いているし、絵がとてもカラフルなのでじーっと見ています。
    これから毎日、朝起きたら読んで聞かせようと思います。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • おはようの絵本

    ととけっこう、とみんなにあいさつしていく絵本です。
    ととけっこうという言葉があまり聞き慣れなくて新鮮な気がしました。
    朝におはようの絵本ということで子供に読み聞かせてみました。
    くりかえしのことばで良かったようです。
    子供にも同じようにととけっこうう おきてきな と声をかけてみて遊んでみました。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ち良くめざめます

    歌ってすぐに覚えて生活の中で歌えるわらべ歌です。
    最後に楽譜もついています。

    ととけっこうよがあけた〜♪と歌うと
    色々な動物が起きて、
    最後は赤ちゃんも起きてみんなでおはようをします。
    シンプルですが、繰り返し聞いていて心地よい
    わらべ歌が読み手にすっと入ってきます。

    息子もお話するようになってから
    この歌をよく歌うようになりました。
    朝起きた時、お昼寝から起こす時、この歌を歌うと
    息子も機嫌よく起きてくれます。
    生活の中でうまれたわらべ歌は、色んな場面で
    口ずさむ事ができるので、親子の合図にもなりますね。

    以前読み聞かせ会をした際、この本を導入で読んだところ、
    乳幼児親子さんにとても喜んでもらえました。
    そんな場面にもおすすめです。

    掲載日:2012/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヒットです

    絵がハッキリしていてカラフルなので、0歳の娘にもわかりやすいと思い選びました。
    「ととけっこう よがあけた」を絵本最後の方に参考として載っていたリズムで読んでみたら、娘が大喜び。絵本を読み終わるまでずっと笑顔でした。声を出して笑ったりもしてくれました。
    ぐずっている時に、試しに「ととけっこう よがあけた」と言ってみたら泣きやみました。
    朝起こすときにも使えそうなフレーズです。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい歌♪

    児童館に行ったときに,先生がこの本を
    読んでくれたのですが,わらべうたって
    いいなって,心から思いました。
    何人もの0歳の子がいたのですが,
    みんな静かに聞いてましたよ。
    わらべうたの絵本は,今まで持っていなかった
    のですが,これを機に,とっても興味を
    持つことができました♪

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんからおすすめ

    わらべうたの絵本が欲しくて迷って探していたところ、
    絵本屋さんでおすすめされて購入しました。

    2歳の娘が0〜1歳の頃によく読んでいましたが、
    ベビーサインをしていたので
    登場する動物達をサインで教えてくれたりして、とても楽しかったです。
    最後のまめでっぽうは、子どもの名前に置き換えて歌ってあげると大喜び!
    おひさまやみんなにおはよう、と言えて良い気持ちになれます。

    最後に楽譜がついているので、すぐに覚えて歌えるようになりました。

    掲載日:2010/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌いながら読む絵本♪

    近所の児童館でわらべ歌の先生が教えてくれた

    「赤ちゃんを気持ちよく目覚めさせる歌」の「ととけっこ〜♪」の本。

    読み聞かせする前から、毎朝「ととけっこ〜♪」を歌っていました。

    そして、この本を読むときももちろん歌ってます。

    すると、息子は歌の部分になると喜んでいます。

    最終ページに音譜でこの歌を紹介していますので聴いたこと無い人でも

    歌えるようになっています。

    息子が目覚めたときも泣かないでニコッとわらってくれるこの歌と本。

    毎日のコミュニケーションにいいですよ!

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもを起こす時に

    わらべうた絵本。
    二音のみで構成された伝統的なわらべうたに、優しい絵がついて絵本となった。
    読むときは歌で。

    身近な動物たちに「おはよう」と呼びかける。
    午前中のおはなしにぴったりの一冊。

    朝子どもを起こす時にほっぺをツンツンしながらこの歌を歌うと、嬉しそうににっこり笑う。

    掲載日:2010/06/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ととけっこう よがあけた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ぎゅっ / ぶーぶーぶー

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット