くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ぐっすりおやすみ、ちいくまくん」 大人が読んだ みんなの声

ぐっすりおやすみ、ちいくまくん 作:マーティン・ワッデル
絵:バーバラ・ファース
訳:角野 栄子
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784566008090
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,119
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おおきいくまと ちいくまくんは一緒に暮らしています
    お母さんのような おおくまくん
    ちいくまくんは 自分のお家を持ちたいと思うのです
    ちょっぴり 大人のまねっこしたくて  自立心からかな?

    自分で洞穴の 掃除をしたり ベットまで作っています
    おおくまちゃんが 「ごはんだよ」と呼んでも自分の小さな洞穴で 一人で食べます
    おおくまくんも ちょっと淋しそう・・・・ でも ちいくまくんの 気持ちを大事にしています
    ところが・・・・ちいくまくん 自分も淋しくなって おおくまくんに  本を読んでほしいと戻るのです
    やっぱり おおくまくんにだっこされて ちいくまくんは 安心して ぐーぐー ぐっすりと眠るのです
    なんだか ほのぼのとした 絵本です
    お母さんとは書いてないのですが お母さんのような存在ですね

    掲載日:2017/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり、ひとりはさびしいね。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    ある日、ちいくまくんは、もうひとつ、ぴったりの大きさの
    洞穴を見つけます。
    そして、そこを自分のうちにしました。

    自分で見つけた自分だけのうち。
    一日中、新しいうちで遊び、食事をし、
    そして、ひとりで寝ることに。

    子どもにとって、自分の部屋を持つということは、
    憧れであり、とても嬉しいこと。
    そんなワクワク感が伝わってきます。

    でも、夜になると、ひとりでいることが寂しくなるのでしょうね。

    「ぼくがいないから、おおくまさん、さびしがってるかもしれないなあ。」
    なんて、強がってるちいくまくんが可愛いです。

    そして、おおくまさんは、なにもなかったかのように、
    いつものように、ちいくまくんに、くまのほんを読んであげるのです。

    どんな時でも、おおらかに温かく見守るおおくまさんの愛に、
    胸が熱くなります。

    かわいいちいくまくんに、やさしいおおくまさん。
    ふたりの関係が、とても素敵で、
    いつまでも続いてほしいと思いました。

    淡い色彩に、可愛らしいくまの絵に、とっても癒されました。

    掲載日:2010/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぐっすりおやすみ、ちいくまくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / 14ひきのおつきみ / くまのがっこう / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット