ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

せかいいち大きな女の子のものがたり」 大人が読んだ みんなの声

せかいいち大きな女の子のものがたり 作:アン・アイザックス
絵:ポール O.ゼリンスキー
訳:落合恵子
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1996年
ISBN:9784572003577
評価スコア 4.23
評価ランキング 15,371
みんなの声 総数 12
「せかいいち大きな女の子のものがたり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • つよーい女の子

    これ、楽しいです!

    「これは、ゆうかんで、力もちで ちえのある 大きな女の子の おは

    なしです。」

    言葉通り、とっても大きな女の子のおはなしです。川のてっぽう水をエ

    プロンで受け止められちゃうくらい。

    そんなアンジェリカがみんなを困らせる熊を退治に出かける、ちょっと

    昔話のようなストーリー。アンジェリカの感情や性格についてくどくど

    描かれていないのも、なんだか民話っぽい。たしかに、男の子が出かけ

    ていくおはなしはよくあるけれど、女の子が名乗りを上げることってす

    くないですね(かしこいモリーみたいなおはなしはあるから、ゼロじゃ

    ないけれど)。アンジェリカを馬鹿にしていた男たちが次々とやられて

    しまうところも滑稽で面白いし、アンジェリカと熊との戦いもスケール

    がおおきくて実に爽快です。夕焼けや山々、とっても奥行と透明感のあ

    る素敵な絵。風景も素敵だけど、アンジェリカの表情とか、見開き1ペ

    ージにいろんな場面が描いてあるところとかはとっても細かくて、じっ

    くり読めます。小学校での読み聞かせによさそう。男の子も楽しめると

    思います。あと絵はこまかいところまで見せてあげてほしいです!

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • スケールが大きい

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳

    そのスケールの大きさにただただ驚いてしまいます。
    強くて勇敢な女の子もいるというお話なのかもしれませんが、
    あまりにスケールが大きくて、男とか女とかの問題ではなくなってくる感じです。

    とっても大きくて強いクマを退治する大きな女の子アンジェリカ。
    戦いはとても激しく、この悪さをしていたクマにも健闘ぶりに拍手を送りたくなるくらいです。
    散々みんなを困らせていたクマが、今ではみんなの心を癒すものになる結末も、何だか気が利いていて素敵でした。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「せかいいち大きな女の子のものがたり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / よるくま / おこだでませんように / ぐりとぐら / ちびゴリラのちびちび / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット