庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

まてまてー!」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

まてまてー! 作・絵:宮西 達也
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年08月
ISBN:9784323032160
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,693
みんなの声 総数 53
「まてまてー!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あらー

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    餌がきたぞー!と餌を求めてやってくる海の生き物たちですがより強いものに負け…というくりかえしの展開。
    あらーあらーという感じでいったい誰が餌を食べるのかと思いつつ楽しく読めました。
    ラストは読んでいた私もついついラストページの彼と同じ表情になっていた気がします。

    掲載日:2015/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんどん大きく

    この絵本の絵のテイストもうちの子好みでした!!釣り糸に着いた餌を食べようとすると自分よりも大きな魚が来て食べられないっていう所が気に入ってました。最後はサメだったのですが、結局釣り人が竿をあげてしまって食べれてなかったのも笑えました。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返しの表現にはまります

    本格的な釣りはしたことがないですが、この絵本を読んでいると
    次々に現れるおそろしげな魚に娘が食いついていました(笑)。
    釣りがどんなものかはわかっているので、面白かったようです。
    お魚大好き(見るのも食べるのも)っこにお勧めの絵本です。

    掲載日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 釣り竿の下の大騒動

    息子2人共に大ウケでした(^o^)
    勢いがあって、展開に目が離せない!
    そんな絵本です。

    海の中。釣り餌を見つけた小魚が餌を食べようと口をあけると・・・。
    「まて まて〜!」
    とアカエイが・・・。
    そして、次から次と大きな魚が餌を狙って登場するというお話です。

    最後の最後で、餌を逃してしまうホオジロザメの顔がいい!
    笑わせてくれます。

    釣り竿の下、小さな餌をめぐる大騒動を想像する楽しさ☆
    読み聞かせ会でも盛り上がりそう。

    2歳頃〜園児にオススメします。

    掲載日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水族館後に・・・

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    水族館デビューをした3歳の息子に読みました
    こざかなから始まる「まてまてー!」
    あかえい・とらうつぼ・ほおじろざめ…
    いたいた!と食い入るように見ていました
    結局ホオジロザメは人間の気まぐれでえさには
    ありつけずにがっくり顔に微笑ましくなりました

    掲載日:2010/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実はハッピーエンド??

    ウルトラマンシリーズでファンになった宮西さんの作品なので楽しみにしてたのですが、ウルトラマンシリーズは得も言われない奥深さがありクスリとさせられたんですが、今回のはひたすらシンプルですね。ちょっと物足りなかったかな。
    魚たちがエサを食べられなくて、息子は非常に残念そうな顔をしてましたが、でも考えてみれば食いついた途端に漁師さんに釣り上げられる訳で…そう考えると魚たちにとっては良かったんですよね!?
    しかも漁師さんにとってはサメがエサに食いついてたら危なかったかも知れず…そう考えると魚だけじゃなく漁師さんにとっても良かったのかな!?
    息子にはそう説明したのですがイマイチ理解できなかったようです。

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水面下の攻防

    釣りをする趣味のものが周囲にいないので、
    釣り糸のえさをめぐっての攻防も、娘にはぴんとこない様子でしたが、
    やっぱり宮西達也さんの本は、いつも楽しいです。
    釣り糸を垂れている、その水面下では、
    きっとこんな攻防が繰り広げられているのかもしれません。
    何事もタイミングが大事。
    サメのように、いざという時に食いっぱぐれないように、見極めなければ!!
    あっ、サメにとっては正解だったのかな?失敗だったのかな?釣り人にとっては?・・・。
    いろいろ考えさせられるオチが用意されています(^^)

    掲載日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「まてまてー!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / ちょっとだけ / ぶーちゃんとおにいちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(53人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット