十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ねぎぼうずのあさたろう その5 いそぎたび そばがきげんえもん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねぎぼうずのあさたろう その5 いそぎたび そばがきげんえもん 作・絵:飯野 和好
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年06月
ISBN:9784834021080
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,120
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スイカ?とうがん

    今回のあさたろう。
    にんにく にきちが活躍していましたね。
    食べ物の特徴が外見にもよく表れていると思います。
    そばがきの旦那の顔色の悪さは、そばの色そのものでしょう。
    悪者のとうがんぐみなんて「スイカだ!」と子供が言っていました。
    スイカじゃないけど、子供にもわかるくらいの個性的なキャラクターは、面白いです。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 口癖!

    • 四パパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 女の子6歳、男の子4歳

    小気味よく進むストーリーが気持ちよく、あさたろうを始め
    味わい深い出で立ちのキャラクターが織り成す人間模様に、
    これぞ時代劇という流れがしぶいシリーズ5巻目ですが、
    今回登場のそばがきげんえもんの口癖にやられました。

    前回までの作品のストーリーと比べると、読んでいる中での
    子供の反応が薄かったように感じましたが(口癖の「ちょっ
    」には言うまでもなく大喜びでしたが)、見開きページいっ
    ぱいに描かれる「とうがんぐみ」の登場シーンはインパクト
    がありましたし、最後に三度傘を振って別れる場面で、口癖
    をまねるあさたろう達とげんえもんのやり取りは、ほのぼの
    といい味出てましたよ。
    次の旅への期待がまた高まりました。

    お気に入りの場面
    娘&息子:口癖の「ちょっ」
    僕:口癖の「ちょっ」に対する子供の反応

    掲載日:2009/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • にきちの大活躍

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    何度読んでも浪曲風は難しいですなぁ〜
    自分で声を出して読んでいると、高校生の息子は、変人扱い・・・・
    でもやっぱりこれは、浪曲であることに味があるわけで、やめるわけにはいかない・・・
    今回はスピンオフという感じで、連れのにきちが昔の仲間ということで活躍します
    そばがきげんえもんさんはちょっとさえない風でしたが、剣を抜いたら人(?)が変わったように殺陣をします
    とうがんの悪役もなんか間抜けっぽくておもしろかったです

    掲載日:2009/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねぎぼうずのあさたろう その5 いそぎたび そばがきげんえもん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / だるまさんが / こんとあき / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット