ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

ちいさなこぐまのちいさなボート」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちいさなこぐまのちいさなボート 作:イヴ・バンディング
絵:ナンシー・カーペンター
訳:ちばしげき
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784072403594
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,728
みんなの声 総数 16
「ちいさなこぐまのちいさなボート」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大切なものを次に託す思い

    小さなこぐまは、小さなボートが大好き。いつも一緒にすごしていました。
    でも、こぐまはどんどん大きくなり...
    そして、ボートはいつまでもその大きさのまま...
    気づいてみれば、大好きだったボートには、もう乗れない大きさになってしまっていたくま。

    さぁ、どうするのかな?
    大きくなったこぐまは、残念がってばかりはいませんでした。
    じゃ、このボートを、このボートに乗れる大きさのこぐまにあげればいいんだと。
    自分が大好きなものを手放すということは、なかなか勇気のいるものです。
    でも、こぐまは、このボートのことをまず考えた。
    ボートにとって一番いいのは、そうすることだと思ったんですね。
    こぐまは、ただ体が大きくなっただけでなく、こうやって心も大きくなっているんですね。
    大切なものを次にたくしていく成長していくこぐま...読後、やさしい気持ちになれる一冊です。

    掲載日:2008/09/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちいさなこぐまのちいさなボート」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

キャベツくん / かばくん / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はしれ!たくはいびん / あらまっ!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



投票ランキング発表!受賞レビューも決定

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット