ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ちいさいおうち (岩波の子どもの本)」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちいさいおうち (岩波の子どもの本) 作・絵:バージニア・リー・バートン
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\640+税
発行日:1981年03月
ISBN:9784001151060
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,160
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 書店で一目惚れ

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子0歳

    4歳の息子が書店で一目惚れし、購入してきた絵本です。

    きれいな水色をバックに可愛いおうちの絵の表紙。
    中を開いても、細かいところまで色彩に気を使った
    素朴な絵がとても素晴らしいです。

    夏にはひなぎくの花が、秋には真っ赤にそまる木々が、
    そして夜にはお月様が見えるいなかにある小さなおうち。

    ところが年月を経ていくうちに、周りには自動車が、
    家々が、ビルが、電車が、地下鉄が、できあがっていき、
    お日さまの光も見ることができなくなった小さなおうち。

    人々の暮らしが豊かになっていくにつれて、
    こういった自然がどんどん消えていっていることを、
    思い知らされた一冊です。

    ちょっと長いですが、文章は難しくありません。
    4歳の息子にとっては読み応えがあり、
    お気に入りの一冊となっています。
    何回も何回も読む度ごとに理解が増していっているようです。

    掲載日:2011/07/24

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちいさいおうち (岩波の子どもの本)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おひさま あはは / 仕掛絵本図鑑 動物の見ている世界 / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット