くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ちいさいおうち (岩波の子どもの本)」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

ちいさいおうち (岩波の子どもの本) 作・絵:バージニア・リー・バートン
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1981年03月
ISBN:9784001151060
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,803
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 忘れないでほしい事

    ポケットサイズの丁度良い大きさの絵本です。
    岩波書店はやっぱりここがポイントですよね♪
    表紙でも分かるように、自然がたくさん出てくる可愛らしい絵本です。

    このおうちは、自然いっぱいの田舎にあります。ずっと大切にされてきました。春夏秋冬を楽しんでいます。
    しかしある日、小さいおうちの田舎はどんどん町に変化していきます。

    私は町も素敵だとも思います。おしゃれで、色々なお店が並びます。
    でも、本当に良いのは迷わず田舎だと思います。
    車や電車がぶんぶん走る町は空気が悪いです。自然もありません。
    やっぱり人は自然を大切にしないと。人以外の動物は、森や田舎を好んでいます。…というか、そこでしか暮らせません。
    本来人もそうあるべきだと思います。
    そういうことを、忘れないでほしいな…。

    忘れかけていたことを教えてくれる一冊です。

    掲載日:2013/08/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちいさいおうち (岩波の子どもの本)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おひさま あはは / 仕掛絵本図鑑 動物の見ている世界 / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • うさぎマンション
    うさぎマンションの試し読みができます!
    うさぎマンション
     出版社:くもん出版
    うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに


母であることのすべてがつまった、一生の宝物になる絵本

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット