くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

はくちょうのみずうみ」 大人が読んだ みんなの声

はくちょうのみずうみ 作:立原 えりか
絵:いわさき ちひろ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1984年
ISBN:9784062667821
評価スコア 4.2
評価ランキング 16,122
みんなの声 総数 9
「はくちょうのみずうみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美しい!!

    チャイコフスキーの名曲「はくちょうのみずうみ」。
    絵本としてのお話も素敵でした。
    何といっても,いわさきちひろさんの絵が美しく見応えがあり素敵でした!!
    大人にもおすすめの美しい絵本です!
    何度も眺めたくなる絵本ですね。

    掲載日:2015/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちひろワールドの物語

    バレエ音楽の「白鳥の湖」ですが、いわさきちひろさんは自分の世界の物語として、この絵本を作成しています。
    立原えりかさんのロマンチックな文章といわさきさんの絵のコンビ作品の一つ。
    他の作品と同様にいわさきさんが描く主人公の透明感が、物語を切ないものにしていると思います。
    物語の背景を知っていないと、少し薄さを感じてしまうかもしれません。

    掲載日:2012/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • いわさきさんの美しい世界

    いわさきちひろさんの美しい絵が魅力です!
    有名な白鳥の湖。あらすじは知っていましたが、絵本を読むのは初めてでした。
    立原さんの文章もうまいと思います。
    バレエも見に行きたくなりました。
    いわさきさんの名作シリーズは大好きです。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • チャイコフスキーの「白鳥の湖の音楽」を聞きながら絵本の感想を書いています。

    もの悲しく 心の中に響く音楽 その中にあるお話はこの絵本を読むとより分かります。

    魔法で白鳥にされた オデッタ姫・ おうじの ジークフリートは 運命の出会いだったのですね!

    いわさき ちひろさんの絵が まるで 宝塚歌劇を見ているようです。

    チャイコフスキーの音楽は なめらかで ダンスを踊っている白鳥たちの姿が目に浮かび、時には激しく 心打たれます!

    オデッタを追って湖に沈んだとたん 二人の愛が 魔法を打ち破るのです 
    ロマンチックなお話で 女の子向きの話ですね
     
    宝塚の歌劇好きの方にもこの絵本はお薦めです!

    フアンタジー  中世の 様子や 魔法の世界などに浸れました

    掲載日:2011/01/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はくちょうのみずうみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



視点を変えて…もしあなたが桃太郎だったら?!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット