すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた

おばけとこどものおうさま」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

おばけとこどものおうさま 作・絵:にしかわ おさむ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年06月
ISBN:9784569685571
評価スコア 3.83
評価ランキング 29,061
みんなの声 総数 11
「おばけとこどものおうさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供の王様

    子供の王様を守る勇敢な騎士が遭えない最後を遂げて心が痛みました。

    健気な犬が子供の王様を守って必死に戦って最後まで生き抜いたのが

    せめての慰めになりました。おばけの活躍で敵を倒すことが出来たの

    でほっとしました。やっぱり戦はなくしたいですね!

    絵が可愛いので怖くなくてよかったです!

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • スピードの速い展開です

    4歳3ヶ月の息子に読んでやりました。外国の絵本を思わせるイラストですが、純粋に日本の作家さんがかかれたもの。でも、ノリは外国もので、とてもスピード感を感じました。というのは、ある王子のお父さんとお母さんがなくなり、すぐに隣の国が攻めてきて、それを偶然であったおばけと共に戦ってやっつける、というお話。なんか一気に読んでしまったみたい。でも、おばけに助けられるという発想がおもしろいですね。おばけもどろどろしてこわいものではなく、むしろ頼りになる存在。ちょっと姿形は、おばけそのもので強そうなイメージはありませんが・・・。ヒーローものや勧善懲悪が好きなお子さんなんかは楽しめる本かもしれませんよ。息子も楽しんでいましたね。まるで戦いごっこの絵本と錯覚したみたい。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可哀そうなお話ですが・・・

    まだ小さな王様のお父さんとお母さんが次々と死んでしまいました。その後戦争がおき小さな王様を守ろうとした勇敢な騎士も死んでしまい・・・ストーリーとしてはとても悲しい内容です。
    そんな王様を守ろうとしてお化けが出てきます。お化けが出てきてからは・・・
    子供にとって死が出てくる絵本はどうなのかな?しかも一人ぼっちになってしまうと言う内容は子供にとっては衝撃的なのではと思いながら読みました。

    掲載日:2011/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばけとこどものおうさま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット