もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

猫は生きている」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

猫は生きている 作:早乙女 勝元
絵:田島 征三
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1973年
ISBN:9784652020050
評価スコア 4.8
評価ランキング 314
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • それでも猫は生きている

    なんとも救いようのない哀しいお話です。
    昌男の家の軒下に住み着いた野良猫の「稲妻」とその子どもたち。
    稲妻一家の生きる姿を通して子を思う親の気持ち、家族愛が伝わってくるのですが、それを戦争の悲惨さがこれ以上ない重苦しさと緊張感で包んでしまいました。
    大空襲に見舞われた昌男の家族。
    火の手から必死に逃げる姿と家族を思う心。
    生きる望みが一つ一つ打ち砕かれていきます。
    まさに地獄です。
    畳みかけるような地獄の様の中で、昌男と母親は離ればなれになってしまいます。
    川に逃げ込んだものの次々と息絶えていく人々。
    その中で生き残りながら稲妻一家を岸に上がらせると力尽きて死んでいった昌男。
    逃げ場を失いながら、子どもを守ろうとした母親。
    最後まで期待したのだけれど、誰も助からなかった。
    生き残ったのは猫たちだけ。
    たくましさと悲惨さの中で、稲妻は生き続けなければいけません。
    見ているものにとって、これ以上の衝撃はないのではないでしょうか。

    戦争の悲惨さと平和を訴え続ける早乙女さん。
    実体験を通して稲妻一家の中に早乙女さんがいるのではないでしょうか。
    そして、激しいタッチの絵で見るものを圧倒する田島さん。
    いつまでも大事にしていきたい絵本です。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    3

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「猫は生きている」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット