教科書にでてくる 音楽家の伝記 教科書にでてくる 音楽家の伝記 教科書にでてくる 音楽家の伝記の試し読みができます!
監修: ひの まどか 編集: 講談社  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
有名音楽家25人の伝記が1冊に!

マーシャと白い鳥」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

マーシャと白い鳥 絵・訳:出久根 育
再話:ミハイル・ブラートフ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784039638601
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,839
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 幻想的です

    ロシアの民話です。

    ババヤガーは言わば山姥。マーシャという娘が、弟のワーニャと一緒に留守番をします。マーシャは両親のいいつけを守らず、ワーニャを置いて遊びにいってしまいます。するとババヤガーの手下の白い鳥がやってきてワーニャをさらっていくのです。マーシャは道中いくつかの障害を乗り越えて弟を助けにいきます。

    ババヤガーの家が鶏の足の上に立っていること、白い鳥が子供をさらっていくこと、ミルクの川なんてものが流れていること、ワーニャが金のりんごで遊んでいること、何もかも幻想的です。

    息子には怖いのではないかと思ったのですが、怖いものみたさな様子で何度も読みたがります。

    同じ話が『ババヤガーのしろいとり』『マーシャとババヤガーのおおきなとり』などとして出版されていますが、出久根育さんの絵が暗いながらもいい味を出しています。他の絵本では、ミルクの川にはゼリーの岸があるのですが、この絵本ではチーズの岸になっていました。

    掲載日:2010/07/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「マーシャと白い鳥」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット