おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

どこいったん」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

どこいったん 作:ジョン・クラッセン
訳:長谷川 義史
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,700+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784861011993
評価スコア 4.31
評価ランキング 13,834
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一番最初に購入した関西弁の絵本です。
    私達親が関西弁ですが、子供は関東育ち。なので、子供にも関西弁を身近に感じてもらいたくて探していた時に見つけました。

    なくなった帽子を探すクマさんのお話で、いろんな動物達に尋ね歩きます。
    途中あからさまに怪しいウサギが出てきて、さすがに子供でも「あ!」と帽子の存在に気づくのですが、クマさんは気づきません。
    しかし、その後、鹿に「どんなぼうし?」と聞かれ、ハッ!と気づくのです。

    その後の展開は大人でもゾッとする結末。
    でも、はっきりとは表現されていません。創造なのですが、食べられてしまったのかな?

    「悪いことをするとバチがあたるのよ」「自業自得」を伝える本という意味では私は良い本だなと思いました。何より絵の雰囲気が好みです。

    私はボランティアで読み聞かせグループに所属しており、いろんな本を読みます。主に0〜4歳に読む事が多いので、この本を選ぶことはないのですが、小学生くらいになれば、個々で創造し楽しめる本ではないかと思います。
    小学校、中学校へ読み聞かせを行っている方に相談しても同じような回答でした。

    掲載日:2015/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • え?どうなったの?って・・・

    大人も楽しめる絵本だと思います。
    物語のラストは「え?どうなったの?」って、想像力を掻き立てられるお話です。
    子供はまだ内容を理解できる年齢ではありませんが、もう少し大きくなったら、「どうなったと思う?」と聞いてみたいと、今からワクワクしています。
    旦那さんの想像した結末は、ちょっとゾクッとしました。
    色んな結末が考えられて、面白い絵本でおススメです。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どこいったん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「P-kies Educational Series」<br>mizukaさん きはらようすけさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット