貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

どこいったん」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

どこいったん 作:ジョン・クラッセン
訳:長谷川 義史
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,700+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784861011993
評価スコア 4.31
評価ランキング 13,834
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いやーな怖さ

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子5歳、

    動物達の表情がとてもいい感じで描かれています。
    あえて方言で訳されているのも、おもしろいです。

    でも、お話自体は、最後の結末で、うさぎがいなくなって、血の後のようにみえる場面、背筋が凍る感じの怖さでした。

    子ども時代に絵本等で、怖い体験をするのは大切だとは思いますが、このタイプの怖さは、あえて親から子に読み聞かせしなくてもいいかなと思いました。

    掲載日:2012/06/08

    参考になりました
    感謝
    6
  • た、食べた?

    眼の表情で、気持ちが伝わってくる、シンプルな絵が素敵。
    みんなぼーっとした感じで。
    なんとなくのんびりと帽子探し。
    関西弁で、じんわりとおかしい。
    帽子が見つかった!と思ったら、
    別の探し物が・・・。
    知らない、ととぼけるくまの慌てぶりが面白い。
    まあ、森で、くまの大切なものを取ったら、
    こうなるよね。(笑)
    関西弁がどうしてもうそ臭くて、読み聞かせていると
    自分で納得がいかない!
    でも、関西弁でこそ、このおかしみがうまれるんだろうな。
    息子も大好き!ラストは、どう解釈しているのか
    ちょっとわからないけど。
    返してもらって、よかったね。うさぎはどこかに
    逃げたんだね、かな。(笑)

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 関西弁がつらい

    5歳の息子に読んでやりました。ストーリーとしてはまあまあだと思いましたが、なぜ海外のものを翻訳して関西弁にするかな?というのが読み手の感想でした。というのは、私はこてこての神奈川/東京出身で、方言や地方特有のアクセントなどを持っていないため逆に変なふうに感化されやすいタイプ。なので、文章をよんでいるだけでだんだんへんな関西弁になっていくのがわかり、もちろんアクセントやイントネーションはめちゃくちゃだけど、そう文字ずらが書いてあるのでなんかそう読まなきゃいけない気がして余計変になると悪循環。

    関西弁に慣れていない息子ももちろんちんぷんかんぷんで、ストーリーの中盤でそれだよ!というところも見落とす始末。決して関西弁を否定しているわけではなく、内容もただよってくる文化も関西なら関西弁でいいと思うのですが、関西弁である必要がないものを無理にそう翻訳してほしくなかったなーというのが正直な気持ちでした。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • シュール

    表紙にプッと笑いが出てしまったのは私だけでしょうか?
    「どこいったん」という、題名っぽくない言葉とともに、途方にくれている熊の子。
    熊の子が、ほんとうに、こちらに向かって問いかけているように見えるのが不思議です。
    絵本の中身はなぜか関西弁。それが、熊の子の表情とマッチしていて、またまたクスリ。
    何度も笑ってしまいました。ツボでした。

    掲載日:2014/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラスト怖くありませんでしたか・・?

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    3〜5歳児に読みました
    絵が大きくてとても見やすい絵本です
    そして翻訳はなんと長谷川義史さんで、しかも大阪弁です
    「おおきに」という言葉の意味がわからない子供もいましたが「ありがとう」と伝えるとすぐに納得
    「ぼうしってなんや・・」になぜか子供たちは大笑い
    「あこうて・・・」あたりでは「赤い」ということが理解できたみたいに子供もうなづきます
    そしてクマさんとほぼ同時に気がつきました
    「さっきのうさぎだ!」と・・・
    二匹の向き合った場面はなにやら意味深ですよ・・・
    ラスト、怖くありませんでしたか・・・?
    子供たちにはわからなかったみたいだけど・・・・

    掲載日:2012/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大阪弁の邦訳が楽しい作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ニューヨークタイムズ2011年絵本ベスト10選出作品。
    それを、あの長谷川義史さんが邦訳したもので、何と言っても大阪弁の邦訳が注目です。

    物語は、くまが、無くした帽子を捜しに行くシーンで始まります。
    道すがら、いろんな動物と出会うのですが、「おおきに」「きにせんとって」「もう ええわ」等等、特徴的な言い回しが目白押し。
    そして、犯人がうさぎと分かり、帽子は取り戻すのですが、果たしてそれだけで済んだのかどうか?

    やはり、くまはくまだったのねと思わされるブラックジョークとも言うべき結末を、子供どう受け入れるのか、見ものと言える作品かと思います。
    イラスト的に、お洒落な点も見逃せません。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どこいったん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 世界の国ぐに』 <br>編集者・高成浩さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット