十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ハルばあちゃんの手」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

ハルばあちゃんの手 作:山中 恒
絵:木下 晋
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年06月
ISBN:9784834021066
評価スコア 4.84
評価ランキング 119
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵が語っています

    読み終えて、心に突き刺さるものを感じました。
    それを感動というのか、何にそう感じたのか。考えると、この絵本の絵に違いはないのだけど、美しさというのではなく、優しさというのではなく…。

    繊細な鉛筆画で決めの細かい、絵が続きます。手だったり、足だったり、人の顔も写真のように鮮明でありながら、どこか乾いているのです。目はこちらを見ていません。決して笑ったり怒ったりしていません。
    実は、この絵が物語りをとても伝えていることに考えが及んだ時に納得できました。

    この絵本は語っているのではなく、見せているのです。
    ハルばあちゃんの一生。
    生まれて、育って、知り合って、死にあって、別れがあって…。
    でも、全てを受け入れているハルばあちゃんの手。

    これはすごいことです。小説ではとても饒舌な山中恒さんの抑えに抑えた淡々とした物語を、これほど饒舌に語りつくしているのですから。
    しかも、文字の赤と、モノクロームの絵にただ一つ添えられた魂の赤。
    この絵本は芸術です。

    絵本の表紙の手が好き。背面のハルとユウキチの幼い頃の笑い顔が好き。
    そして、その二つにはさまれた本の中に、ハルとユウキチの笑顔はない。
    もっと奥深い、社会、歴史、人生を包み込んで、この絵本は完結しています。
    悲しさや、苦しさや、寂しさや、多分だれもが感じる人生の断片を「ユウキチさん、わたしはあんたのおかげでずっとしあわせだったよ」と、ユウキチ亡き後で一人盆踊りで踊るハル。

    背面に「読んであげるなら5才から、自分で読むなら小学校初級から」ってあったけど、これって児童書?

    掲載日:2009/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ハルばあちゃんの手」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

だるまさんが / ちょっとだけ / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット