ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

かたあしだちょうのエルフ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

かたあしだちょうのエルフ 文・絵:おのき がく
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1970年10月
ISBN:9784591005361
評価スコア 4.81
評価ランキング 219
みんなの声 総数 69
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 心にしみる・・・

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    派手さはありませんが、かなり心にしみるお話です。
    人気者のだちょうのエルフ。子どもたちを守るために片足をライオンに食いちぎられてしまいます。遊べなくなったエルフはだんだんみんなに忘れられ・・・
    途中は本当に切なくなります。最後にはエルフに大きな変化が・・・神様からの贈り物かな。イマジネーションが豊かな子どもなら、現実離れした結末もすんなり受け入れられるでしょう。エルフの温かさをいっぱいに感じて欲しいです。
    絵はアフリカの灼熱の大地をイメージさせる黄土色がメインで、赤とか青とかはっきりした色彩は使われません。でも、大地にうつる動物たちのシルエットが珍しい目線で良いと思います。

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感動というより、報われなくて切ない

    だちょうのエルフは、草原のみんなを守るために足を片方なくします。最初は感謝してえさをくれたみんなも、じき、忘れてしまいます。片足ではえさあつめも歩くのも大変、、、。そこへまた次の敵がきて、草原の仲間の子供達を守るために命をかけて戦うエルフ。最後は、命を落として、木にかわってしまいます。しかも幸せな木ではなく、涙の池をたたえた木に、、、、。

    3歳の娘に読んだらあまりまだ詳しくは理解できなかったけれど、大人が読むと本当に切ない。その場限りの感謝って、現実の世界ではたしかにあるけど、報われないのにまた命をかけて他者のためになろうとするエルフが切ないです。誰かせめて恋人でもできていたら良かったのに、、、。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いイメージがありました

    • オナミーさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子0歳

     子供の頃読んで、とても恐ろしかった印象のある絵本です。

     ライオン、黒ヒョウの恐怖がとてもリアルで、『命の危機』という臨場感が、とても印象的でした。

     私自身が、とても怖い絵本だという認識があったため、なかなか、娘にも読み聞かせする機会がなかったのですが・・・。

     大人になって、娘のために読み聞かせすると、子供の頃、どうしてあんなに怖かったのか、理解できた気がしました。

     勇気とは何か。
     強いとは、どうゆうことか。
     優しさとは何か。

     『本当に強い人は優しい人』とよく言いますが、まさにそれを体現しているのがエルフなのでしょう。
     
     本当に、強く、優しく、勇気のあるエルフ。
     仲間を守るため、身を挺して戦うが、その結果、片足になってしまう。
     最初は餌を持ってきてくれる仲間たちが、時間と共に、だんだん彼を忘れて行く・・・。

     『みんな、どうしてエルフのことを忘れちゃうの? エルフに助けてもらったんだから、今度はみんなが弱っているエルフを助ける番じゃないの!』と、叫びたくなりますが、きっと、これが現実なのだろう、と感じました。

     『みんながエルフを助けて、幸せに暮らしました』で終わらないこの絵本のリアルさが、まるで、人間の社会の現実のような気がします。

     みんなが自分を忘れていく中、エルフはどんな気持ちで石を食べていたのか・・・?
     片足で戦うエルフに、援護しようという仲間はいなかったのか?
     エルフは、木になって幸せだったんだろうか・・・?

     
     『優しいエルフ、立派なエルフ』と感動できないのは、やはり、子供の頃に読んで怖かったという、ネガティブなイメージが、この絵本にあるからかもしれません。
     大人になっても、いろいろ考えさせられる絵本です。

    掲載日:2008/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かたあしだちょうのエルフ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(69人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット