もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

かたあしだちょうのエルフ」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

かたあしだちょうのエルフ 文・絵:おのき がく
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1970年10月
ISBN:9784591005361
評価スコア 4.82
評価ランキング 177
みんなの声 総数 70
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 誰かのために・・・感動しました

    私が読んでもらったのが4,5歳の時だったので、私も娘がその位の時に読んであげたのですが、内容の奥深さには全く気づいていなかったようです。どちらかというと、おのきがくさんの迫力のある版画絵に惹かれて、話の方は…って感じでしょうか。でも小学生になってから、自分で読んだ時は、いろいろ感じたこともあったようで、感慨深かったみたいです。自分を犠牲にしてまで大切な誰かを守ること…今では消えつつあるような価値観ですが、子供ながらに大切なことを感じとってくれたらいいな、と思いました。そして、この版画絵は実に魅力的で、素晴らしいです。

    掲載日:2011/01/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 強く生きる

    教科書に出てくる本、ということでしたが、初めて読みました。

    力強く、誇り高く生きることを、見せてもらえた気がします。
    そのことは、文章だけでなく絵からも伝わってきました。
    自然の厳しさや、エルフの生き方が、力強く描かれていたと思います。

    掲載日:2013/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しい。

    8歳の子供が、学校で初めて読んだ時に涙がでてきた絵本だと借りてきてくれました。
    絵の迫力があり、3,4歳の子供向けというより、小学生向けの絵本です。
    話の内容は、強くてかっこいいダチョウのエルフが、仲間を守るために片足になってしまい、みんなからも距離ができていくのですが、最後はまた仲間を守ります。
    最後にエルフはやっぱり強いのですが、悲しいです。

    掲載日:2010/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • エルフの本物の強さ

    本当に強いということはどういうことなのか、そして
    優しさと勇気とは・・・。
    考えさせられる1冊です。
    2年生の息子に伝えたいことをエルフを通して一緒に考えました。

    親の世代が子どものころに感じた気持ちを、わが子にも伝えたい。
    「かたあしだちょうのエルフ」を読んで味わわせたいと思いました。

    ラストの、エルフそっくりの木。
    それは、まさに、大きな愛で弱いものを包む父親のような存在。
    エルフはずっと、みんなを見守っているのですね。

    親子で泣きました。

    掲載日:2008/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かたあしだちょうのエルフ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



約50年前の長新太さんの絵本を新装復刊

みんなの声(70人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット