もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

かたあしだちょうのエルフ」 大人が読んだ みんなの声

かたあしだちょうのエルフ 文・絵:おのき がく
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1970年10月
ISBN:9784591005361
評価スコア 4.81
評価ランキング 219
みんなの声 総数 69
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • エルフの優しさに感動!

    お話の始まりが とても流ちょうで きれいなので 声を出してスラスラとお話を読み進めていました

    おのぎ がくさんの版画が優しく また迫力があって 作者の心に秘めたパワーを感じました
    エルフとは アフリカのことばで千のことなのも 初めて知りました。

    前にエルフの本は読んでいたのですが こういう意味があって エルフというと言う名前がついているんですね

    子供が大好きなエルフの優しさに  みんなが信頼しています

     ジャングルは平和ばかりではありません ジャッカルや ライオン くろひょうと 立ち向かってみんなを守ろうとする エルフ!

    エルフのこの優しさと パワーはどこからわいてくるのでしょう!!

    なかなか 私たち人間にはまねのできないことです。

     エルフの優しさに感動しながら読みました 

    なぜ かたあしだちょうのエルフになったのか・・・・・・
     

    高学年の子供たちに是非読んで欲しい本です!

    大人が読んであげるのも 良いと思いますが 自分で読んだらまた感動が違うように思います。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • 出来たら高学年くらいの子どもたちに

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    いっしょに読み聞かせをしていた仲間が、いつも高学年向けに読んでくれていたので、高学年向きの作品。という認識でしました。
    ナビで読んだお子さんの年齢祖を見たら、思っていたより低年齢のお子さんに読んでいたので驚いています。

    人に読んでもらうばかりで、自分で改めて読んだの久しぶりです。
    最近この本の良さを別のボランティア仲間から聞いて、もう一度手にしたくなりました。
    読んであげれば5,6歳のお子さんでもわかる子は分かると思いますが、やはり、わたし的には高学年くらいのお子さんたちにお薦めしたいなぁと、感じました。
    エルフの生き方って、あまり低年齢より、ある程度上の子の方が理解できるような気がします。

    エルフの大きな体も、恐ろしいヒョウやライオンも画面いっぱいに描かれていてその強さや大きさの迫力がページを開くと伝わってきます。

    ハイエナは物語の中に2回も登場してくるんですね。
    さすがアフリカの大地の掃除や!(誉めていいのかわかりませんが…)
    こういうお話を大人が読む時、聞き手の子どもたちに道徳的な何かを伝えようとする方もいますが、
    出来たら、あえて誘導することなく、ただ、よいお話として読んであげてほしいなと思います。

    掲載日:2016/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最期は木になったエルフ。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    何かもう、泣けてくる絵本ですね。切なくなる。片足がなくなった途端、周りがそれまでとは違った風になってくる。これは人間も動物も違わない。私は自分が生きている事で周りのお荷物になってしまうのは悲しいので、惜しまれているうちに死にたいなぁ。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • あまりにも偉大なエルフ

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    エルフは、若くて強くて、素晴らしく大きなオスのダチョウです。
    子どもたちの人気者でした。ところがある日、ライオンに襲われ、闘って、大事な片足をなくしてしまいました。思うように動くことができず、じっとしているエルフでしたが、森の仲間たちが食べ物を持ってきてくれました。それも、時間とともに…そして、今度は黒ヒョウが襲ってきたのです。

    エルフは、アフリカのことばで『千』のことだそうです。
    木版画で描かれた世界は、野性味があふれています。スケールの大きいアフリカの自然を感じることができます。
    エルフというダチョウの存在は、私たちの心に、大きな足跡を残し、そしてその姿は…
    強さとは、優しさとは何かを、じっくり考えることができます。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 印象的。

    冒頭のシーン。物語にぐっと引きこまれました。
    途中エルフのあまりの境遇の変化に
    とても辛い気分になってしまいました。
    大変迫力のある文と絵に圧倒されました。
    息子が大きくなったら、ぜひ読んであげたいと思いました。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出の絵本

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    自分が小学生の頃に図書館で立ち読みし、号泣した絵本です。
    エルフ自体は大木になってしまい、子ども心には可哀想な結末でした。が、大人になってみると、木陰と池を作り半永的に皆に愛される存在になったエルフは幸せ者でめでたし・・・と納得の結末となりました。

    子どもにもぜひしみじみ味わって読んで欲しい一冊です。絵が版画なので、小学生くらいになってからのほうが楽しめるのではないかと思います。優しい心に育って欲しいという願いをこめながら。

    掲載日:2009/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感動します!!!

    子供時代に親子読書会で上映した作品です。
    とても感動して泣きそうになってしまいます。
    エルフが忘れ去られてしまうのが可哀想でした。
    最後はとても悲しい結末なので、泣きそうになってしまうと思います。
    悲しいお話ですが、とても感動するしいいお話だと思います。

    掲載日:2008/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • エルフの強い意志に衝撃を受けます。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    自分を犠牲にしてまでも 仲間の命を守りたいという
    エルフの強い意志に心打たれます。
    黒ひょうに襲われた仲間を背中に乗せ
    立ったまま命を落とした(木になった)エルフは
    何回読んでも 
    義経の為に立ったまま往生したと云われている
    弁慶の最期と重なります。
    それほど この絵本の最後は
    大人の私にとっても衝撃的な場面です。
    でも それだけストレートに
    子どもの心にも響く絵本なんだろうとも思います。
    「ロングセラーの秘密は読めば分かりますよ。」
    …そんなふうに言うことができる絵本でもあります。

    掲載日:2008/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後の終わり方がいい

    絵も内容も強烈なインパクトがありました。
    息子が成長して小学生になった頃に、ぜひ読んであげたい!!!と思いました。

    真の強い人というのは、どんな人だろう?
    勇気を持つってどんなことなんだろう?

    そんなことをこの本から感じ取って欲しいです。
    エルフの心の強さ、本当の優しさ〔他人を思いやる気持ち〕に胸を打たれました。

    私は最後の終わり方がいい!と思いました。アフリカの大草原の光景がはっきりと目に浮かぶようです。〔小さな子供にはちょっとわかりにくいのかしら・・・〕

    掲載日:2008/03/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かたあしだちょうのエルフ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(69人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット