ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぼくはおばけのおにいちゃん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくはおばけのおにいちゃん 作:あまん きみこ
絵:武田 美穂
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784774606651
評価スコア 4
評価ランキング 18,266
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お兄ちゃんはやっぱりお兄ちゃんだ

    おばけ大好きの息子が図書館で選びました。

    妹をなんとか泣かせないように頑張っているお兄ちゃん。
    おばけを見て足がガクガクしても頑張っています。
    やっぱりお兄ちゃんはお兄ちゃんだな〜と思いました。
    兄貴魂ってスゴイですね。

    おばけと仲良く遊んだり、やっぱりあまんきみこさんのお話は
    優しくて夢がありますよね。
    おばけが好きな子はもちろん、
    普段お兄ちゃんを頑張っている子にもおすすめです。
    文字数は多めですが幼稚園年中くらいから読めると思います。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な組み合わせ

     あまんきみこさんと武田美穂さん、なんだか意外なコンビだな、と思い、手に取ってみました。
    あまんさんのファンタジーワールドも、武田さんの絵で表現されるとこんなふうになるんだぁ、と楽しく読めました。

     真夏の夜空に広がる星座。その中に浮かび上がる「おばけ星座」も、とってもかわいいです。じっと目を凝らして夜の空を見ているうちに、小さなおばけちゃんがきらっと光るのが見えるかもしれませんね! 夢のある終わり方が、あまんさんらしくて、すてきです。

    掲載日:2010/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくはおばけのおにいちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / バムとケロのさむいあさ / かいじゅうたちのいるところ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット