庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ぼくはおばけのおにいちゃん」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくはおばけのおにいちゃん 作:あまん きみこ
絵:武田 美穂
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784774606651
評価スコア 4
評価ランキング 18,155
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 頼りになるおにいちゃん

    チコとおにいちゃん、2人でお母さんの帰りを待っていました。

    チコはさみしくていまにも泣きそうです。

    おにいちゃんはチコの気を紛らわそうと頑張っています。

    でも、そこに、おばけの登場です。
    おにいちゃん、ホントはこわいけどチコに心配させまいと強がって「おばけってのは みんな いいやつさ。あのかたちだから こわがられる。 きのどくだろ?」って言っちゃった…。

    それを聞いてたのはチコだけではなかったのです。
    おばけも…。

    チコをこわがらせないために言った言葉があれれれれ…。

    おにいちゃん、状況が変わりおばけと遊ぶことに!

    おにいちゃんがあせっていることを全然知らないチコも無邪気でかわいかったです。
    そして、おばけもね。

    もしかしたら、おばけのこ、一人っ子かな?って思っちゃいました。

    読んだ後は優しい気持ちになりますよ。

    掲載日:2011/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃんの思いやり

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    妹思いのお兄ちゃんが素敵。
    本当はおばけが怖いのに、ん、とおなかにちからをいれて、おばけは怖くないことを
    説明するところが、すごく好きです。
    そして、お兄ちゃんの言葉を信じる素直なチコちゃんも。

    武田美穂さんの、兄妹を描いた場面場面は、とてもかわいくて温かくていじらしいです。
    でも、文章のためのスペースが主張しすぎで邪魔だなと感じました。
    ちぎって貼った白い画用紙が、何かを隠しているようで、そして、大きくて。
    もうちょっと邪魔をしないように、自然に文章を入れて欲しかったなあ…
    この点だけが残念でした。

    掲載日:2008/06/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくはおばけのおにいちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / バムとケロのさむいあさ / かいじゅうたちのいるところ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット