たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで 作・絵:香川 元太郎
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年03月
ISBN:9784569685328
評価スコア 4.8
評価ランキング 280
みんなの声 総数 45
「時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 家族で楽しめます

    • ハミルトンさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子5歳、女の子1歳

    書店で息子が面白い迷路があるといって持ってきたのが最初です。

    迷路のわりにお値段が高めだったので悩んだのですが、書店に行くたびに息子が見ていたのでクリスマスにプレゼントしました。

    腰を落ち着けてじっくり見てみると、とても面白い本だということがわかります。

    ひとつのページに簡単な迷路と難しい迷路、かくし絵にクイズと4種類の遊びが用意されています。

    うちの子は特にかくし絵が大好きだったのですが、これが大人でもなかなか見つけられない・・・最終的には主人も一緒になって3人であれでもない、これでもないと大騒ぎ。
    本を通して、子どもとコミュニケーションがとれると主人も喜んでいました。

    もちろん、全部見つけられた時の達成感はまさにスッキリ!!です。

    1冊で2度も3度もおいしい本で、病院の待ち時間にもよく利用していました。

    掲載日:2009/11/13

    参考になりました
    感謝
    5
  • 歴史の入門書

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    以前、迷路シリーズの他の作品は読んだことがあるのですが、あまりピンときませんでした。
    でも、この作品はとても良いです。
    恐竜時代から江戸時代に焦点を当てた時に関する迷路で、時代の様子が実に分かりやすく描写しています。
    難しいことは抜きにして、歴史というものに接する絶好の入門書だと思いました。

    それも、ゲーム感覚で取り組めるのですから、子供にとって病み付きになること受けあいです。
    しかも、この作品が良いのは、単に迷路だけに留まらないということ。
    迷路にも、難易度が異なる2つのルートがあり、隠し絵やクイズがそれぞれの時代毎にあるので、色んな側面から取り組めるのです。
    隠し絵は、かなり良く出来ていて、答えを見ないと分からないものもあり、ゲーム世代であっても、充分に楽しめる水準だと思います。

    しかも、1300円(税別)という定価は、お値打ち品。
    プレゼントにもオススメします。

    掲載日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    3
  • とにかくお勧め

    このシリーズは5歳の息子が大好きで、全部集めています。

    基本は迷路絵本なのですが、タイトルのとおり、歴史の流れにそったストーリー仕立てになっています。
    時代ごとに、その時代をうまく反映した挿絵になっていて、見開き2ページをつかって大きな迷路、隠し絵、探し絵、などなどたっぷり楽しめます。

    迷路も、普通に抜けるだけでなく、例えば障害物を回避しながら抜けていくなどハイレベルな通り方も楽しめたりするので、年齢に応じて長く楽しめると思います。
    子どもだけでなく大人でも十分面白いです。
    我が家では、子どもと一緒に競争しながらやっています。

    迷路を楽しみつつ、なんとなく歴史のお勉強にもなりますしね♪
    シリーズ全部含めて、とてもお勧めの迷路絵本です。

    掲載日:2010/08/02

    参考になりました
    感謝
    3
  • 夢中で探しています。

    • ママダッコさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子5歳、男の子1歳

    幼稚園に通っている娘が、この絵本が絶対欲しいと 何度も何度も欲しがったので 絵本ナビさんから購入しました。

    幼稚園にあるこの絵本を娘が見ていると、たくさんのお友達が「仲間に入れて」と一緒見たがるそうです。だから、なかなか集中して見られないとか・・(*^_^*)

    迷路(簡単な迷路と 難しい迷路)、かくし絵、クイズ、何度も楽しめます。
    迷路が 1ページに 2種類あって 人に会っちゃいけないとか、穴を全部通らなきゃいけないとか、なかなか 大人でも難しいです。

    すっごく、作者さんに尊敬してしまうほど、精巧に考えられて作られています。
    同じシリーズの絵本を購入する日も近いようです。

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    3
  • 隠し絵探ししかしてないけど夢中です

    5歳の娘は良く時代劇を見ていたりすると
    「この前の時代はどんなだったの?」聞いてきたりします。

    そんなとき口で説明するより何か楽しめて分かり易い本は
    ないかなぁと思っていました。この時の迷路はそんな私達の
    ニーズにどんぴしゃりとあいました。

    まだ時代の流れがどうこうより、迷路に隠れているかくれた
    動物などを探しているだけですが、それでも毎日夢中に
    なって見ています。

    「この本は迷路でもあるんだよ〜」と迷路を進みながら
    時代を旅する醍醐味も味わって欲しいとせかしてしまい
    そうですが、隠し絵に飽きたらそちらも楽しんでくれると
    思っています。

    それにしても、隠し絵にしても迷路にしてもこうも巧妙に
    描く作者に脱帽です。大人も楽しんでいます。

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • 長く遊べそう♪

    歴史好きの5歳の息子と読みました。
    迷路も楽しいのですが、「紛れ込んだ現代のもの」と
    「それを落とした悪者」を探すのがお気に入り。

    もともと気に入っていた江戸時代はもちろんのこと、
    (大河ドラマでやっている)平清盛がここだよ、などと教えると、
    どんどん好きなページが増えました。

    迷路というより、人々の服装や建物を見て楽しんでいる様子です。

    ゴールに近づくにつれて、次の時代に近づく細やかさには
    大人もびっくりさせられます。

    本棚に置いてかわいい♪という本ではありませんが、
    ちょっと知的な親子みたいな満足感があります。
    下世話な感想でスミマセン(〜〜;)

    掲載日:2012/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • スペクタクル巨編★☆

    これは、壮大な設定です!
    なんたって、恐竜時代から江戸時代までをテーマにした迷路☆
    迷路を楽しみながらの、万年億年の時間旅行です。

    ひとつの迷路で、(めいろ)(むつかしいめいろ)の
    2パターンが楽しめるのもスゴイ!!
    クイズやかくし絵、かくし文字、工夫がいっぱいで、
    何度遊んでも発見があります。

    類似の本でも、今の迷路って本当にすごいなぁと感心させられますが、
    この本なら歴史に興味を持つ第一歩としても使える☆
    もちろん、迷路好きの娘も大満足です。

    親として与えたい&子どもも大喜びの一冊だと思います♪

    掲載日:2012/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷路を超えたエンターテイメントな絵本

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    歴史が絡むから、小学生位からかな?と思っていましたが
    こんなに楽しいならもっと早く読めば良かった〜!

    ページをめくるごとに広がる、見開きいっぱいの迷路。
    舞台は現代から、恐竜時代〜江戸時代、時の回廊の12ステージ。
    迷路に描かれた背景、家屋、動物、人物の細やかさ加減が絶妙です。
    年長の息子は、じーっと絵の世界に入り込んでいます。
    歴史に楽しく触れられるし、
    時系列に沿って迷路をクリアするうちに、時代のうねりを感じるような気がします。

    各ページには
    @めいろAむつかしいめいろBかくしえCクイズ
    4つの楽しみ方が提案されています。
    最後の「もういちど世界旅行」のページにはランクアップした隠し絵遊びが出来、
    何度も何度も楽しめます。

    ちょっと大きめだけど、夢中でやっていると時間があっという間に過ぎるので、
    病院などの待ち時間にもぴったり。
    年少さん位から大人まで一緒に楽しむこともできる、
    迷路を超えたエンターテイメントな絵本、おすすめです。

    掲載日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷路だけではない!!

    迷路の本だとおもったら、いろんなワクワクが隠れた本。

    さらに時代の風景がしっかりと書き込まれていて、遊びながら学習もできてしまいます。家族でワイワイしながら一緒に楽しめます。

    いつもやんちゃな5歳の子どもがずっと静かになってしまう時の世界に入りこんでしまう・・・本当に時の迷路に迷い込んだ感じです。出口(答え)を見つけた時の爽快感は最高です。

    掲載日:2011/08/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しみ方色々

    • 霧丸さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子5歳

    小さい頃から迷路が大好きだった息子には、やっぱりお気に入りのめいろ絵本です。
    迷路としての楽しみ方だけでなく、歴史の流れを遊びながら学ぶことができるのが一番の魅力だと思います。
    服装や、暮らしぶり、風景などの、現代との違いについてを意識したときに、息子は最初「こんな世界があるの?」と聞いたのですが、
    同じ日本という国で、昔、そのもっと昔、もっともっと昔はこんな様子だったんだよ、と、歴史の流れとともに暮らしぶりや風景が変わってきたことを説明しました。
    そうなると、ますます、服装や、絵の細かい部分まで熱心に見ては
    その様子から、息子なりに当時の生活を想像するようになったりして、
    「時の迷路ワールド」を楽しんでいます。
    子供だけでなく、大人も楽しめる絵本で、私も大好きです。

    掲載日:2011/08/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(45人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット