もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

だんごむしと恐竜のレプトぼうや」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

だんごむしと恐竜のレプトぼうや 作・絵:松岡 達英
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年
ISBN:9784097271093
評価スコア 4.15
評価ランキング 17,609
みんなの声 総数 12
「だんごむしと恐竜のレプトぼうや」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 虫ときょうりゅう好きにはたまらない

    恐竜から虫にも興味を持ち出した息子に
    これは絶対ヒットするだろうとセレクト。
    案の定読んであげる前から
    一人でずーっと眺めていました。
    絵がすっごいきれいで1枚1枚が飾っておいても
    いいんじゃないかってくらい綺麗なので…
    そんだけ見入るのも無理ないなと思いました。
    息子の中では眺めているだけでもストーリーが
    できあがっているようでした。
    読んであげると私も一緒に引き込まれました。
    だんごむしが恐竜の絵本のなかに入ってゆく
    という設定なんですが、奇想天外な冒険ストーリーに
    美しいイラストもあいまって見応えのある絵本でした。

    掲載日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢のコラボ

    4歳の息子と読みました。
    ダンゴムシや身近な生物に興味をもち、恐竜ブームの始まった息子にとって、
    この絵本は、ダンゴムシと恐竜の夢のようなコラボした1冊だったようで、
    何度も繰り返し読まされました。

    ダンゴムシたちが、女の子の読んでいる恐竜の本に
    迷いこんでしまうファンタジーのようなもの。
    レプトぼうや、お父さんとお母さんに会えてよかったね。

    掲載日:2015/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な大冒険

    このお話はとっても面白かったってうちの子が言っていました。ざっくり言うと、虫が絵本の中の恐竜の世界に迷い込んで冒険するってな感じです。うちの子はこの不思議でわくわくするストーリーに引き込まれていました。最後には食べられそうになるのですが、その時には口を開けて危ない!!ってな感じでした。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だんごむしと恐竜のレプトぼうや」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / からすのパンやさん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『とびだせビャクドー! ジッセンジャー』森田まさのりさんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット