ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ピーターのいす」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ピーターのいす 作・絵:エズラ・ジャック・キーツ
訳:木島 始
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1969年10月
ISBN:9784033280608
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,683
みんなの声 総数 53
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 我が家は、今の所一人っ子のなのですが、
    この前、お友達に小さくなった靴をあげようとしたら、
    「これ、ゆうチンの!」と言って、小さくて履けないのに、
    友達にあげようとした靴を取り上げてしまいました。

    その時に、「あっ、『ピーターのいす』の本を読んであげねば!」と思い
    図書館から借りてきました。

    愛着のあった物が、他の人の物になるのには、抵抗がありますよね。
    『ピーターのいす』では、その辺りの気持ちが良く描かれています。

    この絵本を読んで、大好きな物でも小さくなったら使えないって事が
    よく実感できたみたいです。

    もし、下の子が出来たら、また読んであげたいなぁって思いました。

    コラージュっぽい絵もいい雰囲気ですね。

    掲載日:2011/01/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 微妙な心の変化と成長

    • レースさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

     子どもの微妙な心の変化と成長が書かれていてほほえましいです。
     しかも、文章中には、悲しいとか寂しいとか嫌だとか、ピーターの心の中を説明する言葉は一切ないのに、それが伝わってくるところがすごいです。
     
     翻訳なので、普段使わないような聞きなれない言葉の言い回しが所々ありますが、味がある感じで、逆にいいです。この本の独特な雰囲気に合っているように思いました。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 妹へ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    自分が使っていたものが次々と塗り替えられて、妹のものへと変身していき、面白くないお兄ちゃんピーター。うちのお姉ちゃんはけっこう快く妹へ自分のものを譲り渡してくれているように見えますが、こういう思いも少しはあるのかな?と思いながら読みました。
    ピーターの成長が見えます。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長男にピッタリ

    弟がうまれてからすねたり意地悪したりするようになった
    長男にピッタリです。
    赤ちゃんに着せる服を出したら着てみたいといったり
    そのスプーン使いたいとか
    何でも自分のものにしたがります。
    もう小さくて着れないよといっても無理矢理きたり。。。

    この絵本は大きくなった自分を見つめる本です。
    そして子供みたいにすねて家出しようとした自分にたいして
    ちょっと恥ずかしいなって感じる自分もいて
    子どもは子どもだけど大人になりつつある自分の心の葛藤をうまくえがいています。
    そして親が指示するのではなく子供自らが
    赤ちゃんのために椅子を塗りなおそうっていう発言をする素晴らしさ。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしゃれな一冊

    図書館の読み聞かせで初めて出会いました。
    最初は地味な本だなという印象でしたが、
    進んでいくうちになんだかおしゃれな一冊だなという印象に。
    レースや英字新聞、花などどのページにもさりげなく素敵と
    感じさせる部分がありました。

    内容もお兄ちゃんになるピーターの心の動きがみえて,
    もうすぐうちの息子もお兄ちゃんになるのでそんな風に思うのかな
    と考えながら話を聞きました。
    異性のきょうだいというところでよけいにピーターは
    戸惑ったのかもしれません。

    うちは同性なのでピーターまではいかなくとも・・・
    きっと心の中で様々な葛藤が生まれるんでしょうね。

    色々考えさせられた1冊でした。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の動き。。

    • ぴちこんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子3歳

    もうすぐお兄ちゃんになる子供たちのために読みました。

    読んでるこちらのほうが心を打たれる内容で、ピーターの想いとやさしい両親を見ていると子供の立場に立って物事をみる余裕がないとなぁと感じさせられました。

    こどもたちは神妙な顔つきで聞いていましたが、何回か読むうちに終わるとよかったねと言いたげににやっと笑うようになりました。
    幼いなりにいろいろ思うところがあったのかな・・

    心の動きが手に取るようにわかる本です。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 譲れるというのはスゴいこと!

    • オユマーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子3歳、男の子2歳

    挿絵が印象深かった「ゆきのひ」と同じ作者の本なので手に取ってみました。
    ピーターは最近お兄ちゃんになり、自分が小さい頃使っていた持ち物が、妹用にどんどんピンク色に塗られてしまいます。納得できないピーターだったけれど、自分が使っていた小さいいすに座ろうとして座れず、初めて自分が大きくなっていたことに気づき、そのいすを自ら妹のためにピンクに塗ってあげます。
    娘は自分も通って来た道なので、その気持ちがよくわかるようで、読み終わると「あーちゃんもユウ君(弟)にベッド(ベビーベッド)あげたんだよね、だからあーちゃんはこっち(大きいベッド)に寝るんだよ」とか、小さくなったパジャマとか、弟に譲ったものを指差して教えてくれました。
    ピーターも娘も、お兄ちゃん,お姉ちゃんになったね。譲れるというのは素晴らしいこと!だと思います。

    掲載日:2008/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ピーターのいす」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(53人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット