ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

さる・るるる」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

さる・るるる 作:五味 太郎
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1979年
ISBN:9784871100229
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,906
みんなの声 総数 88
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 題名から大爆笑

    絵本クラブ対象

    見るからに娘が好きそうだ!と思い、3歳4カ月の娘に購入しました。
    結果、大成功!!
    「さる・るるる」と読み始めた途端に大爆笑でした。
    簡単な単語を2つ合わせただけの言葉が、どうしてこんなにおもしろいのでしょう!そしてちゃんとストーリーもあるのです!
    おさるさんの表情もおかしくて読んでる私も笑ってしまいます。
    ちなみに娘は、登場するお魚の表情がお気に入りです(笑)

    大きな文字と簡単な言葉なので自分で読めるのも楽しいみたいです!

    掲載日:2011/08/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • 簡単なことばでわかりやすい

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    息子が大好きな、五味太郎さんの作品です。

    この絵本は、色遣いは派手ではないけれど、
    息子は愛嬌のあるサルの絵が、好きになり
    前にも読んだことのあるこの絵本ですが、
    図書館に行ったときに、また読みたいと言って
    持ってきました。

    短い言葉の表現ですが、3歳児には分かりやすく
    私が読んだ後に、『つぎは、ぼくの番!』と言って
    繰り返し読んでいました。

    さるの行動と言葉が、分かりやすく描いてありますので、
    さるを真似して身振り手振りで読んであげると、
    子どもも楽しんで覚えられると思います。

    2歳位から親子で楽しめる作品です。

    掲載日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「る」だらけ

    韻をふんでいるのとは少し違いますが、

    すべて最後にるで終わります。

    終わるといっても一言なので、

    るで終わる動詞が並んでいるって感じです。

    さるのキャラクターも気に入りました。

    ちょっと素朴な色あいに惹かれます。

    最近の五味さんの絵本とは違ってシンプルです。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全部読みました

    ひらがながほぼ読める様になった3歳の息子。

    最初から最後まで1人で全部読んでいました。

    「さる、〇る」

    このパターンの文が数回続きます。

    最後は必ず『る』で終わります。

    絵を見ながら文の意味を考えていた様子でした。

    さるが次どんな行動を起こすのかワクワクしました。

    絵本のサイズが小さくてビックリ。

    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりにくいのかな?

    3歳8ヶ月の息子に読んでやりました。もうすっかり言葉を話し、理解しているのですが、この本に対してはイマイチ食いつきが良くありませんでした。

    言葉を覚えたりするのにはおもしろい切り口だと思いました。「さるが○○した」という構成で簡単なストーリー展開をしていきます。「さる・もらう」、「さる・うる」など・・・。比較的わかりやすいイラストもあるので、動作(動詞)の意味を覚えるにもいいのではないかと思いました。

    でも、息子は分かりづらいのか、言葉の絵本だからか、首をかしげてしまいました。決して難しい内容ではないと思いますが、そのままでは分かりにくいのかもしれません。もう少し大きくなってからのほうがわかりやすいのかもしれませんね。

    掲載日:2011/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しめます

    短い言葉の繰り返しなのですが、テンポ
    がよく、子供は大好きです。

    ひらがなを覚え始めた時などは、子供が
    自分で最後まで読めるので、いいと思います。

    文字が少ない分、絵を見ながら親子で一緒に
    話ながらみたり、楽しめました。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい

    繰り返しの言葉遊びがとっても楽しい絵本です。

    1人で絵本が読めるようになり、言葉に対しての興味がある時期の息子にとっては何度読んでも飽きないようで、何度も何度も読み返しては楽しんでいました。

    掲載日:2010/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう少し大きくなってから

    「る」で終わることばで、つながるストーリー。
    なかなかうまくできてます☆

    娘は、最初はウケてたのですが、
    途中からちょっと分かりづらかった(さる・える)ようで、
    反応が薄かったです。
    シリーズであるみたいなので、もう少し大きくなってから、
    チャレンジしてみようと思います!

    掲載日:2010/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいくて繰り返しちゃう!

    全て「る」のつく言葉で終わっている絵本。
    短い言葉のリズムが軽快で
    つぎつぎページをめくります。

    短い言葉の連続なので
    覚えやすいのか、何度も繰り返しているうちに
    普段も「るるる」と言い出す我が子の笑えました。

    読んでいる私も途中で噴き出す楽しい絵本です。

    掲載日:2009/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 味のあるさるの表情が絶品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1979年初版と30年近く前の作品ですが、今も売れているベストセラー。
    シンプルな言葉遊びの絵本なのですが、それも究極のシンプルさ。

    「さる・○る」と韻を踏んで物語は展開しますが、見開きの頁にその4文字しかない絵本なのです。
    でも、そのリズム感はとても小気味良く、さるのとぼけた表情と相まって楽しい作品になっています。

    言葉を覚えたてのお子さんにピッタリの絵本だと思います。

    掲載日:2008/07/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さる・るるる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / くれよんのくろくん / 3びきのかわいいオオカミ / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


お気に入りのくだものはどれ?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット