ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

カラスのはてな?」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

カラスのはてな? 作:唐沢孝一
絵:谷内庸生
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784834021448
評価スコア 4.24
評価ランキング 15,327
みんなの声 総数 16
「カラスのはてな?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 公園で友達がランチのパンを取られてから、カラスに興味津々の2歳8か月の息子に図書館で借りました。

    カラスの特徴や生態について書かれた、切り絵のかわいい絵本です。
    最後の見開きで、そのエピソードについて詳しく説明してあります。
    構成と切り絵が、スティーブ・ジェンキンスさんの「これがほんとの大きさ!」とちょっとだけ似ています。

    道具を使うカラスや、電線で遊ぶカラスがいるのは知らなかった。。

    まあまあ息子の食いつきはよかったです。

    掲載日:2013/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賢いカラス

    真っ黒なカラスだけれど、張り絵が工夫されていて、黒、灰色で目も

    デッカク可愛い。

    カラスはとても賢いというのは何となく昔から言われてきました。

    カラフルな色彩のハンガーで巣を作りとてもお家も近代的でモダン。

    割れない胡桃は落として割って食べたり、食べきれない食物を秘密の

    場所に隠したりして後で隠した場所を忘れないかなあって思ったら、

    記憶力がいいのでやっぱり賢いと思いました。

    カラスが集団で夜を過ごすのもやっぱり賢いと思いました。

    仲間と一緒がいいなあって思いました。

    掲載日:2009/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラスの知恵

    日常でカラスを見るとちょっと怖いというかあまり好きではないのですが、
    この絵本のカラスは賢くてちょっとかわいい表情をしています。
    実際のカラスもとても賢いんですよね。
    昔からその賢さで良くも悪くも人間ととても近い関係だったのだと思います。
    読んであげるなら4才からとなっていますが、
    もう少し小さい年齢からでも楽しめそうな内容です。
    最後の豆知識的なページも面白くて親の方が楽しめました。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「カラスのはてな?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット