庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おーい みえるかい」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

おーい みえるかい 作・絵:五味 太郎
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784774606774
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,854
みんなの声 総数 35
「おーい みえるかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 音読にも良い〜

    • 海猿さん
    • 30代
    • その他の方
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子3歳

    次男に読みましたが、1年生の長男には自分で音読するのに良かったです。

    小さいアリさんを見つけて、そこからはアリさんの持ち物や、アリさんが言ってくれるのを見つけて行くお話。

    次男には少し簡単だったので二歳の姪っ子にプレゼントしたいです。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • アリンコのかぶる帽子のぞう、そのぞうがしている時計の針が3時、、、、と「みえるかい?」とどんどん視野が小さくなっていきます。

    そこまでは普通。

    でも、ここから、こんどは「3時だからおやつの時間」と、アリ、それより大きな角砂糖、それより大きな町、、、、と今度は視野が逆に大きくなっていくのが珍しくて面白いです。

    子供にはその面白さは分からなかったようですが、単純にぞうの時計、というところでおかしくなったらしく笑っていました。

    悪くないと思います。

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目をよぉぉーく凝らして!

    3歳1ヶ月の息子に読んでやりました。「おーい、ぼくが見えるかい?」という問いかけから始まる絵本です。なんのこっちゃ?と思いますが、ページの真ん中に小さななにかがあります。まず、子どもとこれを発見するところから始まるのです。

    なんだかいろいろな仕掛けが施されている五味さんの絵本ですが、かわいいありを主人公に、大きさの違いやおやつの時間を教えてくれるちょっと変わった本です。ありくんの帽子のワッペンのぞうがつけている腕時計で時間管理をしているんです。ちょっとおもしろいでしょう?と思えば、ありの何倍も大きい角砂糖をおやつに食べるという小さいだけではなく大きいということも教えてくれるんですよ。

    五味さんの本が好きな方はもちろんですが、大きさの不思議世界を体験したい方もオススメです。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小→大→小

    ありさんが、「おーいみえるかい」と話しかけてくる。
    ありさんは初め小さく、どんどん大きく、途中ありさんの
    帽子の柄の象さんがしてる腕時計にまで、クローズアップ☆
    そして、またどんどん小さく…
    ひとつのシーンをさまざまな角度から見れて面白いです♪
    娘も、ありさん探しを楽しんでました☆

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 喜んでました!

    ウチのちびはイチイチ探すのが好きみたいで、アンパンマン版「ウォーリーを探せ」みたいなのをよくやってます。で、趣向を変えたろうと思って借りてきました。けど、アリだ、ゾウだ、ってさすがにすぐに見つける息子。1年前に読み聞かせてたら良かったなあ、そしたら丁度良かったんちゃうかな、とちょっと残念な気持ち。
    けど面白かったみたいで、翌日妻に読んでました。「どこでしょう?」「だれでしょう?」って得意そうな表情で。ええ顔でした。

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくみると・・・

    • 霧丸さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳

    「おーいみえるかい」というありさんのといかけに、
    よーく見てみると・・・見えてくるものが面白い!
    拡大してよく見ると、思わず大人もクスッと笑えるような面白いものが見えてきて、とてもユーモアたっぷりの絵本です。
    いかにも五味さんらしい!と思えるようなちょっとしたしかけに
    私もすっかりはまってしまいました。
    息子も、ありさんの「おーいみえるかい」という問いかけをクイズ感覚で楽しんでいるようで、「何が見えるかな?」をワクワクしながらページをめくっていきました。
    さりげなく、「パッとみた見た目だけでなく、じっくりと注意深く色んな視点で物をみるようにしたら、きっともっと面白い、色んなものがみえてくるよ!」というメッセージが伝わってくる絵本です。

    掲載日:2009/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おーい みえるかい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / くだもの / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット