雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

ぼくのえんそく」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくのえんそく 作:穂高 順也
絵:長谷川 義史
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784265069613
評価スコア 4.77
評価ランキング 515
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • その発想にワクワク♪♪

    遠足当日に熱を出してしまった「ぼく」。
    普段は留守番のネコや、ジュースたち(普段は水かお茶だから)も、幽体離脱のごとく「きもち」だけ遠足に出発します。さらに、遠足に行きたいのに嫌われ者のあまぐもにも出会い、一緒に飛んで行きます。

    なんとも夢いっぱいのお話。
    発想がおもしろくて、思わず笑顔になってしまう。
    つい、子供の頃の遠足の日の気持ちを思い出してしまいました。
    3歳の娘は、まだこういう遠足には行った事がないけれど、この絵本で疑似体験できたようです。とても楽しんで聞いていました。

    3、4歳から小学生ぐらいまで幅広く楽しめそうですが、文章は簡潔で短く読みやすいです。娘も2、3回読み聞かせただけで、大方暗記してしまい、何度も一人で開いてはブツブツ読んでいました。

    長谷川義史さんの、ダイナミックで元気いっぱいな絵もとても良かったです!
    最後にはニッコリ笑顔になれる、清々しい絵本です。

    掲載日:2011/01/21

    参考になりました
    感謝
    3
  • 発想がユニークで素敵です。

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子16歳

    秋は爽やかな季節で、何をやるにしても気持ちがいい。
    特に秋の遠足は、子どもたちは大好きですよね。

    ところが、「ぼく」は遠足の当日に熱を出してしまいます。
    楽しみだったのに・・・
    そんな「行きたい」気持ちが、
    「ぼく」の体から飛び出します。

    いつもなら水かお茶しか持って行けないけれど、
    今日は、ジュースたちやお留守番のネコもつれて、
    遠足に出発!!

    不思議で楽しい遠足。
    カラフルなジュースの雨に、
    「きれい〜」と言ってくれた子がいました。

    普通の遠足より断然楽しい。
    風邪をひいて遠足に行けなかったお子さんに読んであげると、
    きっと喜んでくれると思います。

    幼稚園での読み聞かせで、
    何度かお世話になっている絵本です。
    今回は、年少クラスで読みました。

    子どもの気持ちに寄り添ったお話です。
    いろいろな細かい遊びがいっぱいあるので、
    是非、家でも読み聞かせしてあげてほしいなって思います。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • こっそり一緒に遠足

    風邪をひいて熱が出たので遠足にいけない、はずが・・・。

    「気持ち」だけが飛んで行って空から参加します。

    一緒に行きたいねこやジュースも飛んでいきます。

    これがもし可能なら、遠足に行けなくて残念な

    思いをしてる子がいなくていいですね。

    空でも雨雲と太陽が戦ってました。

    雨はいつも邪魔者扱いされますが、

    やっぱり雨も遠足行きたいんでしょうね。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発想が素敵

    子どもは『遠足』が大好き。こんな日に、風邪でもひいて行けなくなったら、とっても悲しい。
    風邪をひいて熱があるのは身体なんだから、元気な『気持ち』だけが、みんなと遠足に行けばいいんだ。
    そんな発想が素敵です。
    3歳の娘もなにこれ〜とか言いつつも大笑いしながら聞いていました。

    いろんな発見があって何度も楽しめるお話です。
    ダイナミックな絵は飛び出ててくるようで、長谷川ワールド満開な感じです。

    掲載日:2010/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 欠席しても

    • ぴょ〜んさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、男の子4歳

    あいにく遠足を病欠してしまった男の子が主人公。
    せめてもの「いきたい気持ち」だけが遠足へ行くのですが、
    「行きたいけど行けない」猫やジュースや雨雲まで一緒に連れて行くのがすごい!!
    そのご一行があんなこと、こんなこと・・・・
    空想力にあふれた絵本でした。
    楽しみにしていた遠足にいけなかった子のお話なのですが、
    悲しさや寂しさを感じない、
    やさしさとのびのびとした明るさを感じるユーモアたぷっりな絵本でした。

    掲載日:2008/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくのえんそく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット