だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぼくのえんそく」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくのえんそく 作:穂高 順也
絵:長谷川 義史
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784265069613
評価スコア 4.77
評価ランキング 515
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な楽しい世界^^

    絵が長谷川義史さんというところが気に入って手にした本です。
    この遠足のお話、とってもユニークで発想が面白い。

    熱が出て行けなくなった男の子がどうしても行きたいという気持ちだけが抜け出して遠足に行ってしまうというお話し。
    幽体離脱??
    なんだかちょっと怖いお話のような気がするのですが、愉快に仕上がっているのは長谷川さんのイラストのお陰かな?

    ジュースたちもミックスジュースになってついてくるという発想が素敵。
    ジュースの雨となりジュース色の虹となり・・

    絵を見ているだけでとても楽しいです。

    雨雲とお日様のやりとりも北風と太陽を見ているような?

    長い長い手を伸ばして卵焼きをつまみ食いのイラストもユーモアがあって楽しいですね!!

    とても不思議で楽しい世界でした。

    掲載日:2010/08/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくのえんそく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット