十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

月夜のオーケストラ」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

月夜のオーケストラ 作・絵:イエンス・ラスムス
訳:斉藤 洋
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年
ISBN:9784097272120
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,752
みんなの声 総数 17
「月夜のオーケストラ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 誰もが行ってみたくなる月夜の冒険

    逆立ちをしたら、天井に落っこちた――その発想が面白いなと思いました。
    絵本をさかさまにして読むのは、かがくいひろしさんの『まくらのせんにん そこのあなたの巻』でも経験済みでしたが、こちらの方がひっくり返す頻度が多い!
    絵本をくるくる回しながら読むところは、傍から見ると不思議な光景だろうなと自分の姿を思い浮かべておかしくなりました。
    絵本をたびたびひっくり返しながら読むなんて、せわしなくてお話に集中できないんじゃないかと思うかもしれませんが、心配ご無用。
    神秘的な絵と風変わりなキャラクター達のおかげで、どんどんお話に引き込まれていきます。
    さかさまの世界に浮かぶ大きくて丸い月の、なんとも綺麗なこと!
    アンナのように冒険できたら、楽しいだろうなぁ。
    次の月夜のオーケストラにも誘ってもらえるなんて、うらやましくなりました。

    掲載日:2012/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    幻想的な表紙に、面白そうだなあと思って借りてきました。息子もすぐに絵が逆さであることに気づきました。

    ある晩、寝られないと思った女の子。いつの間にか体が逆さになってます。
    そこに、ボートに乗った妙な生き物がやってきます。月夜を反対向きにボートでこぐという趣向が面白いです。
    まさに「夜の海を渡っていく」のですね。向かった先はモンスターの音楽会。

    一夜の不思議な出来事のお話は、きっと寝られない夜子供達の想像を掻き立てると思います。外国の作者ですので絵が洋風で、月夜の不思議な世界が本当に異界っぽく感じられました。

    字が多いので、少し大きい子にお勧めだと思います。

    掲載日:2009/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「月夜のオーケストラ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おばけのバーバパパ / ぐりとぐらのかいすいよく / なにをたべてきたの? / にじいろのさかな / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット