おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろうの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケさん、待望の最新刊! もれたって、いいじゃないか、ちょっぴりなんだから!

電信柱と妙な男」 大人が読んだ みんなの声

電信柱と妙な男 作:小川 未明
絵:石井 聖岳
出版社:架空社
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年
ISBN:9784877521349
評価スコア 4.13
評価ランキング 19,149
みんなの声 総数 7
「電信柱と妙な男」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 石井聖岳さんの絵の効果も多大にあるのでしょうが、箱を被って人目を避けないと外に出られない男とはどんな男なのでしょうか。
    妙なというよりも、病的でとても悲しい存在に違いありません。
    昼間は人通りがあって歩きづらいからと、夜にあるく電信柱とは明らかに違う存在です。
    おまけに、電信柱はとりあえず立っていれば電信柱として認めてもらえるのです。
    屋根の上に取り残された男には、悲劇しかありません。
    笑い話ではあるけれど、この「妙な男」が可哀想でなりませんでした。
    本当ならば、どうしたら人前を歩けるようになるのか、考えてあげたいところです。

    掲載日:2018/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小川さん

    小川未明さんの作品だったのでこの絵本を選びました。文章と絵がユーモラスにうまく調和しているのが良いと思いました。主人公の男の人が自分の気持ちを歩くと言う行動で表現するのは良いと思いました。電柱もユニークで気に入りました。面白さの中にもしっかりとメッセージがあるのはさすがだなと思いました。

    掲載日:2010/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「電信柱と妙な男」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / だるまさんが / よるくま / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット