ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

バーバパパかせいへいく」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

バーバパパかせいへいく 作:アネット・チゾン タラス・テイラー
絵:アネット・チゾン タラス・テイラー
訳:山下 明生
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784061287693
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,325
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 面白いです

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。バーバパパのシリーズは親子で大好きです。でもタイトルを読んだ時点で「かせいってどこぉ?」という質問から始まり、、、ちょっと難しかったかな?と思いました。でも、途中出てくる火星人に娘は大喜び。いっぱいいっぱいバーバパパとその仲間(?)が出て来て嬉しそうでした。宇宙や火星の事はまだまだ分からないのでまた学校へ行くようになって理科の授業で習ったらこの本も読んであげたいと思いました。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    バーバパパの本だったので読みました。2歳の孫の大好きなバーバパパ。今回は火星へ行くお話でした。孫はずっとバーバパパたちが頭につけているものが気になって「ヘルメット、ヘルメット」と言っていました。私も名前がわからなかったので「ヘルメットだねー」と言うしかなかったです。宇宙について無知なのでもっと勉強しなくては、と思いました。表紙の虹色がとても綺麗で私もこのお話とても気に入っています。

    掲載日:2010/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 火星の自然も破壊?

    『おばけのバーバパパ』を購入したところ、息子がすっかり気に入ったので、シリーズを図書館で借りてきました。

    しかし、息子が気に入ったのも、私が良かったと思ったのもシリーズの最初の2冊だけでした。この本のぷんぷんファミリーにはやや興味を示していましたが、それでも繰り返し読みたがりはしませんでした。

    ぷんぷんファミリーに出会うところなどは良いのですが、バーバブラボーが持って行ったインゲン豆が異常繁殖してしまうという部分は今ひとつでした。自然破壊など、現実の社会問題を反映させ過ぎかと思います。難しい問題を単純化して子供に伝えるのは良い方法とは思えません。もっと大きくなってから、絵本とは別の形で学べば良いことのように思いました。

    掲載日:2010/07/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「バーバパパかせいへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / どうぞのいす / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『桃太郎が語る桃太郎』クゲユウジさん 岡村優太さんインタビュー

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット