あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…

バーバパパかせいへいく」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

バーバパパかせいへいく 作:アネット・チゾン タラス・テイラー
絵:アネット・チゾン タラス・テイラー
訳:山下 明生
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784061287693
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,275
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 宇宙旅行にあこがれます!!

    今回はなんと火星にいくお話です!!
    毎回、いろんな場所が登場しますが、火星とは♪
    しかもとっても楽しそうな場所なんです!!
    実際の火星とは、もちろん違うと思いますが、
    宇宙に興味をもってくれた絵本でした。
    表紙の虹色っぽい感じも大好きです♪
    もっともっとこのシリーズを読みたいと思いました。

    掲載日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ついに火星に!!

    バーバーパパファミリーの新刊だそうですね。
    なんとこの絵本では、バーバパパが火星に行きます!
    今までのシリーズ、ほとんど読んできました。思い起こせば色々なところへ行っていたバーバパパファミリー。
    それがついに火星とは!!!もうなんだか驚いて笑ってしまいました。
    そして火星で出会った火星人。これがまたバーバパパに似ていて思わずふきだしてしまいました。
    相変わらず楽しい世界です。やっぱりバーバパパ、いいなぁ!

    掲載日:2015/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供のお気に入りの絵本です。 受賞レビュー

    宇宙などに興味の有る4歳児の娘はとても目を輝かせていつもこの絵本を本棚から持ってきます。この本の中でも、又大切な物を子供や大人に教えてくれて、さすがバーバパパの絵本と思いました。宇宙には持ち込んではいけない物、してはいけない事。色々と生きて行く上でのルールと言うか、そういった事を子供達にも優しく伝えてくれている素晴らしい絵本だと思います。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宇宙になぜかとても興味の有る孫にとてもヒットをしている1冊です。話の内容はそれほど難しいわけでは無いけれど、まだ4歳の子どもには話の内容の意味が全ては理解出来ないので、説明をしながら読んであげています。バーバパパの家族に似た火星人が出てくるところがとても気に入っているようで、本当の火星人もこんな感じなの?と聞いていました。とても興味を持って、とても楽しんでみてくれています。

    掲載日:2015/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子のお気に入り

    4歳の息子と読みました。
    バーバパパシリーズの中で彼が一番興味をもった1冊。
    彼はロケットや宇宙にも少しずつ興味を持ち始めている時期なのです。
    最新作だそうで、ストーリーもちょっと今っぽい??

    火星には、バーバ家族のような、白黒で目のピンクの仲間が住んでいて…。
    この家族の「プン」とか「プンプン」がつく名前が
    息子のツボだったようで、大笑い。
    プンプン草のお家は、息子も気に入っていました。

    そして、息子にとってインパクト大だったのが、
    インゲン豆のばけもの。これと戦う場面が面白かったようです。
    そのあと、何度も「インゲン豆、お化けになってすごかったね」と言っていました。
    外来種という環境問題をちょっと取り入れた場面です。
    こういうさりげない入れ方は、いいですね。

    ただ、幼いころ、バーバパパを読んで育った私としては…
    もうちょっと線が繊細で色使いが淡い頃の、
    建築家さん的挿し絵に戻してほしいなあ。

    掲載日:2015/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • うーん・・・

    4歳の長女が大好きなバーバパパ。バーバパパを借りると、「これがピカリで、これがララで・・・」と
    毎回毎回大興奮。今回はバーバパパが火星に行って、バーバパパ家族ににた(色こそ違いますが)家族に
    出会います。長女はとても楽しそうだったのですが、私は今回「うーん・・・」という感じがしてしまいました。
    というのは、今回は環境問題が入ってきてるようで。これ必要かな?と。なので、☆3つです。

    掲載日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • バーバパパ一家×2(?)

    火星を含め、まだ星が何なのか分からない我が子ですが、
    さすがバーバパパのお話。
    そんなの全然関係ありません。
    火星で出会った生物がバーバパパたちそっくりで、しかも模様が面白いっ!お互いに自己紹介しあう場面なんて最高です。
    名前はややこしくて覚えていませんが、子供もその場面が大好き!
    なんだか不思議なその光景を楽しそうに眺めていました。
    やっぱりバーバパパは面白いっ!

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいです

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    「バーバパパのいえさがし」を読んで、バーバパパが気に入った娘。図書館でバーバパパシリーズを全部出して表紙を見比べ、選んだのがこの「かせいへいく」でした。
    まだ宇宙の概念を知らない娘に理解できるかな?と心配しながら読んだのですが、そんなの関係なく、ストーリーと絵の楽しさに大喜びで聞いていました。
    今回は火星人(おばけかな?)のプンプンファミリーが登場。自己紹介のページでは、まだあやふやなファミリー全員の名前を再確認できて読む側は大助かりです。
    みんなが楽しく過ごしていると・・・。バーバブラボーの軽はずみな行動で、みんなが危険にさらされてしまいます。すぐにページを見返してみると、あそこにも、ここにも伏線がはられていて、よくできた絵本だなぁと感心してしまいました。
    魅力的なプンプン草に子どもは夢中、環境問題に関するメッセージも込められていて、とてもいい絵本です。
    「いえさがし」を読んでちょっとがっかりした私でしたが、もっともっとバーバパパシリーズを読んでいきたいと思わせてくれました。

    掲載日:2009/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「バーバパパかせいへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / どうぞのいす / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット