しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

バーバパパかせいへいく」 大人が読んだ みんなの声

バーバパパかせいへいく 作:アネット・チゾン タラス・テイラー
絵:アネット・チゾン タラス・テイラー
訳:山下 明生
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784061287693
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,179
みんなの声 総数 60
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • すごい!

    バーバパパファミリーが、とうとう地球を飛び出した。
    夢あふれる世界です。
    もしかしたら、本当の火星はこんな感じなのかしら。想像の世界が広がります。火星にも、バーバパパたちによく似た家族がいました。いろんなことに役立つ植物もありました。でも、ちょっとしたトラブル発生。
    みんなで力を合わせて解決。そして大切なことを学びました。
    子どもたちと一緒に、夢の世界がどんどん広がります。

    掲載日:2015/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつかは、こんな日が来るのかな〜!!

    バーバパパのお話は夢がいっぱいつまっています!
    今回は火星に行っちゃいます!!

    火星って、なんか懐かしいです〜。
    むかし、ブームでしたよね。

    宇宙人、特に火星人は、会ってみたい存在です。
    でも、実際に登場したら怖いかもしれませんが。笑

    小さい頃、宇宙のことを思って、ワクワクしていたことを
    思い出しました。

    掲載日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いがけない敵!

    表紙のレインボーに期待感が膨らみます!

    今回はファミリーで、ちょっと火星まで。
    火星人ってどんな姿をしているのだろう?とページをめくると、あらビックリ!!

    宇宙のどこかに自分そっくりの人がいるなんて…すっごく夢があるっ!!おもしろい!

    そして思いがけない敵との戦いも、見応えアリです!
    最後には大事な事もちゃーんと教えてくれる、ボリューム満点の一冊でした!

    掲載日:2015/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • そのままの自然を大切に♪

    今回バーバパパたちは火星に到着!!そして、パパプンたちと出会います☆
    火星は地球とは違うけど、でも、火星ならではの生態系がなりたっていて
    プンプン草がのみものになったり、たべもの、ベッドになったりと面白い♪
    でも隠れてもってきちゃったインゲン豆が怪物になっちゃってえらいことに!
    皆でおおいそぎでインゲン豆をあつめてゆでる所は面白いながらも焦りました。
    本来、あるべきものはあるべきところで育たないといけない
    きっと、この絵本でも環境のことを伝えようとして下さってるんだな
    バーバパパ可愛いけど、それだけじゃない、深い絵本です。
    そして、最後にプンプン草、持って帰らなくてよかった☆危ないあぶない!
    今ある生態系を崩さずに、皆がありのままここちよく過ごせますように☆
    子供ちに伝わる良い絵本です♪

    掲載日:2015/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • プンプン草

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子19歳

    バーバパパ一家が火星へ!?
    表紙の宇宙服姿も妙にリアリティがありますが、どんな世界が待っているのでしょうか?
    始まりは、バーバピカリが受信した火星からの通信。
    おお、何とも劇的なプロローグです。
    (ここで、バーバブラボーの行動も要チェック!)
    宇宙船はユニークな造形ですが、なかなかかっこいいですし、機能的ですね。
    さあ、谷の草地で出会ったのは、バーバパパ一家そっくりのプン一家。
    でも彼ら自身が変幻自在ではなく、
    代わりに、プンプン草という、食べ物にもなり、変幻自在の生き物があるのですね。
    なるほど、これは便利です。
    そこへ、謎の蔓が現れひと騒動。
    その正体は…!?
    なるほど、地球と火星の違いでしょうか。
    宇宙レベルの共存というか、なかなか壮大なことに気づきますね。
    奥が深い、バーバパパの世界を実感しました。

    掲載日:2015/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズで一番好きです

    以前も、バーバパパはバーバママを探しに宇宙まで旅をしましたが、今回は一家全員で火星にいきます。

    バーバパパは船になったり飛行機にはなるけど、宇宙船には変身できないんですね〜空気がすえないからかな?!
    でも火星についてみたら、空気が吸えてて爆笑しました。

    そして、バーバ一家のような火星版バーバファミリーがいて、お互いに自己紹介なんかしちゃって、とても仲良くなります。
    面白い!

    そして、こんなに、ほのぼのとした絵本なのに、外来種による生態系への悪影響を描いていたりして意外と深いです。

    子どもたちも楽しみながら学ぶことができて、ぜひ甥っ子たちに読んであげたいなと思いました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 環境問題

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    図書館で借りて読んでみました。

    火星からの信号をキャッチして、火星へ飛び立つバーバパパ一家。
    すぐに火星へ行ってしまうバーバパパはやっぱりすごい!

    環境問題について描かれているのですが、2歳の息子にはまだまだ難しい内容だなと思いました。
    読んであげるのはまだ先になりそうです。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  •  宇宙はどうなっているのだろう?他の星に生物はいるのかな?って、気になりますよね。

     バーバパパ一家は今回は宇宙へ。そして火星に着陸!

     (個人的には、火星という実在の星より、未知の星が舞台の方が良いと思うのですが・・・)

     そうしたら、なんと、自分たちとよく似た家族がいるではありませんか!自己紹介しあって、たちまち仲良しに・・・。バーバパパ一家に加え、ブン一家の登場でとっても賑やかでした。

     そして、違う星に、そこと違う星の生き物を持って入ってはダメ!というのは、ちょっとした理科の勉強ですね。

     バーバパパのお話は、いつもどこか「理系」を感じる絵や記述がありますが、チゾンさんは建築設計士、テイラーさんは生物学や数学の先生だったということを知り、なるほど〜と、納得しました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宇宙への想像

    バーバパパ一家が、かせいへいきます。宇宙といえども、ちょっとそこらへんにいく気軽さです(笑)
    バーバパ一家ににた家族が住んでいたりと、かせいの様子をじっくり楽しめます。
    将来、もっと身近になるだろう宇宙へ、子どもたちは、想像がふくらむのではないでしょうか。
    そして、やはり今回も、楽しいだけではなく、持ち込んだ豆が巨大化したことをとおして、考えさせられるテーマをふくんでいました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 外来種はNG

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子18歳、女の子13歳

    火星がどんな星なのかよくわかりませんが、このお話を読んでいるうちに、なんだかここに描かれているとおりのような気がしてきました。
    プンプンぐさは美味しくて便利で、大変重宝な植物なので、おみやげに持ち帰ろうとしたバーバベルの気持ちはよくわかります。
    そして想像のお話の中にあって、他の星の植物は持ち込んでも、持ち帰ってもダメという教訓が、とても現実的で面白いなと思いました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「バーバパパかせいへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / はじめてのおつかい / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / どうぞのいす / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(60人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット