ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おふとんのくにのこびとたち」 大人が読んだ みんなの声

おふとんのくにのこびとたち 作:越智 典子
絵:出久根 育
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784032321708
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,837
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • コマわりの絵本

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    図書館でふと手に取りました。
    お熱で苦しんでいるひさこちゃんがベッドで寝ていると、あらら、びっくり、お布団の上では小人たちが・・・!?ひさこちゃんに気づいた小人たち。お医者さんがひさこちゃんを看てくれます。そしてみんなで、それはそれは大掛かりな解熱マシーン(!)を作ってくれるのですが、それがまた見ごたえがあります!お熱の子にしか見えない小人たちなんでしょうね。夢があってすごく素敵な絵本です。
    でもほとんど文章がなくて、しかもコマわりの絵本なので、“読み聞かせ”というのは少し難しい印象でした。

    掲載日:2011/01/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • お子さんが風邪をひいたときに

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    なかなか面白い発想です。
    これが出久根さんの絵だというのも面白いです。
    絵本の作り方は「スノーマン」みたいな感じです。
    文章らしい文字は少ないのですが、絵の中に描かれている“こびとたち”の掛け声みたいな、しいて言うなら『小人語(?)』はちょこちょこ書かれています。
    大勢いるところでの読み聞かせには向きませんが、
    1つ1つのコマに描かれているこびとたちの動きがとても面白いので、
    お子さんが風邪をひいたときなどに読んであげてはいかがでしょうか?

    掲載日:2016/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 熱が出て寝込んでしまったひさこちゃんのおふとんには、驚くべき秘密があったんです!

    おふとんにおやまができたら、どこからか聞こえる声。
    そこにはあったのはなんと、こびとのくに!

    寝ていながらこんな不思議な世界に出会えるなんて!
    もしかしたらあれは夢だったのかな…?

    小人たちの動きや表情、なんだかよくわからない言葉も、ぜーんぶかわいい。
    それにとってもやさしいんです。
    協力してひさこちゃんの熱を冷ましてあげる場面はまるでガリバーのよう

    ひさこちゃんが目を覚ますと熱もすっかり下がって、外はいつの間にか雪が積もっていました。
    よくみると、窓の下には小人たちによく似た雪だるまと、その回りには小さな足あとが…

    やっぱり夢じゃなかったみたい!

    文章は少なくコマ割りされた絵が話を進めていきます。
    小人たちが何をしているのか、じっくり見るのも楽しいですよ。

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 熱があるひさこちゃんが出会った 不思議な世界
    こびとの国の生活がかわいい みんなの表情も丁寧に描かれていて、楽しいです
    こびとのことば  笑えます

    ひさこちゃんの熱を下げるためにたくさんのこびとたちが一生懸命働いて緻密な設計図 すごいな〜 熱サマシ機(熱ノアル人ノ子ニ用ウベキ装置ナリ)

    みんなが 協力して生きていて こびとのくには平和そうですね

    こびとのくにの 「かけぶとんぶんこ」  笑えました みんなまじめで勉強家 みんな本が好きなんですね

    こんな世界を想像するだけで楽しいですね
    絵を見ているだけで楽しめる絵本です(でくね いくさんの絵すきです)

    ひさこちゃんの熱のときの夢の世界かしら?

    掲載日:2013/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝床で読みたい

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    学校の図書整理で見つけました。
    とてもかわいい絵で、小人たちはいったい何をしてるのだろうと思ったら。。
    かぜひきの女の子の、看病だったのですね・・

    西洋風の表紙・小人たちなのに、部屋はこてこての日本の部屋で
    そのギャップが面白かったです。
    文字が少なくて、小人たちの作業が何のためのものなのか最後のほうまで気になりつつ読みました。

    風邪ひきの小さいお子さんにぜひ読み聞かせしてあげたくなるような
    お話でした。

    掲載日:2012/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々な小人

    色々な小人が表紙に登場していて興味が湧いたのでこの絵本を選びました。主人公は素敵な体験をして羨ましかったです。熱を下げる為にこんなにも沢山の小人が見られるなんて!文章が無く絵だけで進んでいく展開に魅力を感じました。人助けを楽しんでやっている小人たちに私も癒されました。人を助けるのも自分自身が幸せでなければならないという事をこの絵本から学びました。細部に登場する色々な手作りの道具も魅力的でどんな作りになっているのかじっくり眺めたくなる絵本でした。私も主人公の様な素敵な体験をしてみたいなと思いました。

    掲載日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おふとんのくにのこびとたち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット