十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

まんまる おつきさまを おいかけて」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

まんまる おつきさまを おいかけて 作・絵:ケビン・ヘンクス
訳:小池 昌代
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784834020854
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,916
みんなの声 総数 27
「まんまる おつきさまを おいかけて」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • モノクロの幻想的な世界

    原書“Kitten’s First Full Moon”をプレゼントされ読みました。

    息子は「もう一度!」と催促ばかりでした。

    モノクロ、というのが、
    静かで幻想的な月夜のイメージをさらに盛り立ててくれているのではないでしょうか?

    何度も失敗してもめげずにがんばる子猫ちゃん。
    池にうつった、お月様めがけて飛び込むところは、もうこっちがハラハラ。
    さいごはとうとうあきらめてしまい、おうちに帰ると、
    そこには、、、

    最後の幸せそうに眠っている子猫ちゃんを見て
    「あーよかった。」とこちらも幸せになれます。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子猫

    モノトーンの絵の世界の中で、ひときわくっきりと輝いているのは、お月さまでしたね。
    まんまるく真っ白な姿に、はっと目を惹かれました。
    そんなお月さまを「ミルクのはいったお皿」と勘違いしたのは、一匹の子猫です。
    ミルクが飲みたくて一生懸命な様子は、かわいい。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • みるくのはいったおさら

    「みるくのはいったおさら読んで」と娘に言われました。
    まんまるおつきさまをおいかけて、なんだけど(笑)。
    家にはこねこではないけれど、おんなじように真っ白な
    ねこがいるのでとても親近感が湧いたようです。
    読んであげた後も、ひとりで声を出して読み、
    「よめたよめた」と大喜びしていました。

    モノクロの絵が満月の夜の雰囲気を素敵に醸し出していて
    いいなあと思いました。

    掲載日:2010/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「まんまる おつきさまを おいかけて」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット