だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

オオカミくんはピアニスト」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

オオカミくんはピアニスト 作・絵:石田真理
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784579404384
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,131
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人にも子供にも伝わる

    表紙の絵に惹かれて手にしました。
    ピアノの優しい音色が似合いそうな
    ちょっと切ないお話でした。

    一人ぼっちのオオカミくんにピアノ演奏依頼の手紙が届き、
    手紙の送り主に会うためピアノを引いてはるばる出かけて行きます。
    そして手紙の送り主達にピアノを聴いてもらって、
    オオカミくんは帰ります。オオカミくんはまた一人ぼっちですが
    演奏会の思い出がオオカミくんの心の支えになっています。
    そこへまた演奏以来の手紙が届きます。

    オオカミくんはピアノを持ってどんなに遠くにでも
    演奏を聴いてもらいに出張し、帰ると一人ぼっち。
    演奏会の思い出を胸に毎日を過ごしています。
    そんなオオカミくんは幸せなんだろうかと考えさせられちゃいました。
    行く先々でグランドピアノの蓋を開けて演奏するオオカミくんは幸せそう。
    鋭いツメを持っているけれど、サラサラの髪と長いまつ毛や手足、
    繊細な雰囲気のオオカミくんは何の見返りも期待せず
    大きなピアノを遠くまでひぱって行き、手紙の主の元で演奏します。
    戻ればまた一人ぼっち。なんだか切ないです。
    でも、幸せな時間の思い出があるから、
    この先にも自分が必要とされる楽しい時間が
    きっと待っていると信じているから、一人ぼっちも頑張れる。
    そんな強いオオカミくんも感じられます。

    息子は最後にオオカミくんに届いた手紙に星がついているのを見て、
    「オオカミくんは天国に行くの?」と訊いてきました。
    オオカミくんが次の演奏をどこでしたのかは読む人によって
    感じ方が違うかもしれません。
    ウチの子にはハッピーエンドとはいえない終わり方だと
    感じたようですが、繰り返し読まされる絵本です。
    大人が読むと色々考えさせられますが、
    子どもが読んでも伝わる何かがあるようです。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「オオカミくんはピアニスト」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / しごとば / まさ夢いちじく / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / おこだでませんように / ぶたぶたくんのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット